プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年09月10日

永田が地元で行った初プロモート興行に、大谷が友情参戦! そして……

Posted by TEAM-angle at 00:00 / Category: 【プ】新日本プロレス / 0 TrackBack

070905_BlueJustice.jpg 9日、千葉県・東金アリーナで新日本プロレスの永田裕志デビュー15周年記念興行『Blue Justice! ~青義~』が行われた。永田が地元の東金で初めてプロモーターとして行った大会だが、NAGATA LOCKが売店ブースを出したり、弟の克彦が挨拶したり、永田自らがサイン会を行うなどして、ちびっ子も多く見られた満員の観客を盛り上げた。全試合の詳細はバトル三昧でお伝えしているので、ぜひご覧ください。
 初プロモート興行の上、地元での開催、さらには自身のデビュー15周年記念興行でもあり、失敗は許されない。そこで永田が考えたのが、同期である大谷晋二郎の招聘。現在はZERO1・MAXで団体の長として活躍している大谷、そしてそのZERO1マットに参戦している宿敵・村上和成。この2人とタッグを組んで、GBHを迎え撃つというのが、プロモーター永田の考えた今大会の目玉だった。
 ところが、村上が頭部の負傷により欠場となってしまうアクシデント。そこでプロモーター永田が白羽の矢を立てたのが、同じく同期でデビュー15周年、今シリーズの最終戦ではタッグを組んでIWGPタッグ王座にも挑戦する中西学だった。

 中西に続いて、入場してきた大谷はリングインするなり刀ポーズ。古巣・新日本マットには人一倍のこだわりを持つ大谷だが、メインの前にスクリーンで流れた煽りVTRでは「永田裕志という戦友のために、一個人の大谷晋二郎として新日本マットに上がる部分がある。いろいろな意味で楽しみにしている」と語っていた。
 そして、この日の主役である永田が観客が永田ボードを掲げる中、IWGPヘビーのベルトを巻いて入場。試合前には3選手にデビュー15周年を祝う花束が贈られたのだが、この3人の後輩に当たる真壁は入場してくるなり、「おい、東金のガキども! やっぱり、この会場は田舎クセェよ。エヘヘヘ。テメーらの大好きなイモチャンピオンをぶっ潰してやるからよぉ」と何ともヒールらしいマイクアピール。
 試合が開始されると、いきなり同期トリオは矢野に対して同時ドロップキックを発射したが、ブレイク中の真壁、さらには大谷とも因縁深い天山、そしてWEWヘビー級王者になって勢いを増す矢野は、永田らの引き立て役には収まらない。チェーンやイスを駆使して、永田、さらには大谷、中西をも苦しめていく。
 だが、大谷が久しぶりに新日本マットで本家・顔面ウォッシュを見せると、永田も蹴りでGBHを蹴散らしていき、最後は永田が矢野に垂直落下式ブレーンバスターからのバックドロップホールドで勝利。永田と大谷が敬礼ポーズを決めている横で、中西だけガッツポーズという“らしい”シーンもあり、最後は永田が「大谷選手、どうもありがとうございました。この続き、またどこかでやりましょう。もう1回?(観客に向かって)シングル? 声が小さい! 必ずどこかでやりましょう。レスラー生活15年を迎えました永田裕志はまだまだ健在で、まだまだ元気いっぱいであります。またこの東金の地にさらなるパワーアップして、戻ってくることを約束いたします!」と叫んで、大会を締めた。

 インタビュースペースで大谷と中西に挟まれて座った永田は、「正直言って試合に久しぶりにこうやって(同期の中西、大谷の隣に)立ってみるといろいろ意識しちゃいますね。何かコーナーに控えているのが、歯痒くなるくらい出ているパワーが凄かったですね。そういう意味じゃ、ちょっと焦っちゃったかもしれないですね。やっぱり大谷選手とか中西さんがサイドについていると、どうしても闘っちゃうんだよね! コーナーに控えているのが焦れったくなっちゃう!」と、久しぶりの同期トリオ結成に興奮を隠せない様子。
 初のプロモート興行を控えていた永田を側で見てきた中西からは「幕張のときも後楽園のときも、何ちゅうか心配事があるみたいでね。それを全く表に出さずに、後輩たちを引率して、『俺がまとめなアカン』っていう気持ちがあって、強気でやってきた永田ではありますが、やっぱり今日の東金大会は大成功したっていうことで、ホッとひと息」という労いの言葉がかけられた。
 そして、久しぶりの古巣参戦となった大谷は「この15周年という中で、永田選手が僕の名前を思い浮かべて、『組んでみたい』と言ってくれたことは本当に嬉しかったですね。これは建前の言葉ではなく、心底嬉しかったですね。何が何でも出たいという気持ちがありました。いざ新日本の会場に来ると、私事で申し訳ないんですけど、やはり新鮮なんですね。いまZERO1・MAXで頑張っていますけど、その会社では僕より先輩がいないシチュエーション。新日本に来ると、先輩もいて、同期もいて、それもたくさんいて、またリフレッシュできたように思えます。これはイヤらしい話ですけど、15周年(記念大会に)出させていただいたので、ウチとしても何かやっていただかないと! これからイヤらしい駆け引きをしていきたいと思います。今日は最高に嬉しかったし、楽しかったし、改めてプロレスっていいなって思いました」と、感慨深い表情で語った。
 さらに永田が初プロモート興行の反省点を語っていると、いまや団体の長として興行を数多く行っている大谷から「僕がいつも興行やるときに心がけているのは、100%の興行はしちゃいけないっていうこと。終わったあとに今回99%だと思えるような興行を続けたいですね。100%になっちゃうと、もう欲が出てこないですね。だから毎回99%で終われる興行を目指して頑張ってもらいたいです」というアドバイスが贈られた。これを聞いた永田は「今日は満足し切らなくてよかったんですね」と言って、安堵の表情を浮かべた。
 そして、試合後のマイクアピールであったように、今後この2人のシングル対決に関して、永田が「ファンの熱というものが、さらに高くなっていけば実現するものだと思っています」と語ると、大谷は「本音を言わせてもらえば、実現したいなっていう第1条件として、実現するときはZERO1・MAXのリングで、と敢えて僕は言いたいですけどね」と返してみせた。
 ちなみに、新日本時代は真壁の教育係を務めていたという大谷は、久しぶりの真壁との再会に「長州力から任命されて、来る日来る日も僕は怒ってね……こんなこと言ったら、またアイツ怒っちゃうかな? でも、その真壁がブレイクしてるっていうのを、誌面でしか知らなかったですけど、僕はすっごい嬉しかったんですね。その真壁と当たれるのが、本当に、本当に楽しみでした。あの予想以上のパワー、素直に成長したなと思いましたね。凄いなと思いました」と、何とも嬉しそうに語った。

 このほかに、後藤が帰国して以来対戦を熱望していた棚橋と、この日タッグながら激突。意地のエルボー合戦を展開するなど、互角の攻防を繰り広げた。幕張大会でのシングル戦で後藤に敗れている山本も、「俺を無視するな!」とばかりに後藤に突っかかっていったが、後藤の眼中には棚橋しかいない様子。
 試合は棚橋がハイフライフローで稔を沈めたが、試合後も食ってかかってくる山本を無視し、後藤は棚橋に詰め寄っていき、両手の人差し指を突き立ててシングル戦を要求。棚橋も無言で頷いた。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif