プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年10月11日

ドラゲーを離脱したGammaが、佐野直とのタッグでグレプロに友情(?)参戦

Posted by TEAM-angle at 23:40 / Category: 【プ】その他のプロレス / 0 TrackBack

071011_GPW-1.jpg 11日、新宿FACEでグレートプロレスリングが『グレートプロレスリング第15戦~グレ武者~』を行った。全試合の詳細はバトル三昧でお伝えしているので、ぜひご覧ください。
 昨年10月の旗揚げ以来、「赤字喰ったら即解散」というスタンスでやってきたグレプロが、再び新宿に帰ってきたわけだが、この大会に先日DRAGON GATEを電撃離脱したGammaが緊急参戦。佐野直とタッグを組んで、“ニセ大仁田”こと森谷俊之&ランチボックス星野と対戦。入場テーマもコスチュームもドラゲー時代のままだが、「ドラゴンゲートのエース」という刺繍のあった部分は黒いテープが貼られていた。
 Gammaはファイトスタイルもドラゲー時代同様、乳首攻撃や手に唾を吐きかけての顔面掻きむしりなどを披露。さらに青い竹刀も多用したが、フィニッシュはさすがにガンマスペシャル(シュバイン)ではなく、ラリアットだった。
 ちなみにGammaが佐野のTシャツを、佐野がGammaのTシャツを着て入場した2人は、試合中も同時シャイニング・ウィザードや同時垂直落下式ブレーンバスターなど、抜群のコンビネーションを披露。試合後、佐野が「Gamma、いやガンちゃん! ガンちゃんがどこのリングで何があろうと、俺とガンちゃんは友達です!」と声をかけると、Gammaは……

 「誰がガンちゃんだ! あんまり調子に乗るなよ! 今日は仕事だから来てやったんじゃ!」と“らしい”返しをしたあと、ドラゲー時代にはあまり見られなかった売店に自ら立って、ファンサービスをしながらのグッズ販売に精を出していた。

071011_GPW-2.jpg さらに、プロレスでもなく格闘技でもなく、従来のジャンルには当てはまらないまったく新しい未来型スポーツエンターテイメントとして、カルテ的人気を誇る『ますだまつり』の会長、ますだけいすけも増田圭祐として参戦。
 観客からかなりの声援を浴びていた増田だが、ウインガーには片方だけ穿いていた靴下を脱がされ大ピンチに。だが、飛び付きフランケンやスイング式フランケンなど高度な技を見せてお客を沸かせた。その増田が怨霊や小仲=ペールワンとタッグを組む姿は、かなりマニアックだ。

 このほかにもこの日のグレプロでは、326&唯我vs円華&アップルみゆきの一戦は、“美男美女によるミックスドマッチ”と題されて行われたが、唯我がアップルの人気と可愛さ、326が円華の人気と男前さに終始ヤキモチを焼きながら試合を展開。
 ド迫力なタックルやエルボーで男の円華を吹っ飛ばす唯我には圧巻だったが、試合は円華が326にシューティングスタープレスを決めて勝利した。だが、試合後326は「試合では負けたけど、顔では勝ってんだよ! このブサイクタッグが!」と捨て台詞。

071011_GPW-3.jpg JOM太郎&アサカvs塩田英樹&村上☆健による一戦は、リングアナ曰く「ほぼPRIDEと同じルール」でのダブルバウト+イリミネーションマッチという何とも斬新なルール。基本的にオープンフィンガーグローブ&レガース着用による1vs1の総合の試合(カットプレーは禁止)なのだが、ピンチになったらタッチしてもいいため、結局3分3Rという時間内では誰も敗退者が出ず、時間切れ引き分けに終わった……
 また、斬新だったのは試合形式だけでなく、ラウンドガールも斬新だった。ラウンドガールは大会オープニングの選手入場式で、セクシーなダンスを披露した3人の女性が務めたのだが、ラウンドごとのプレートを掲げるのではなく、四方の観客に向かってラウンド数を指と声で伝えるという斬新っぷり。しかも艶めかしい踊り付きである。

 メインは千葉智紹&菅原伊織vs澤宗紀&下田大作の壮絶!遺恨マッチ。そのタイトル通り、感情剥き出しのシバキ合いになったのだが、澤&下田がインサイドワークで後半からどんどん優勢になり、最後は下田が千葉にラリアットを叩き込み、ハーフダウンのところにミドルキック、そして急角度のバックドロップを決めて勝利。
 試合後、下田が試合中、応援の声が飛んでいた千葉に向かって「オイオイ、千葉ちゃんよ! 今日はお友達がいっぱい来ているらしいが、この無様な姿は残念だったね。こんなの素人だよ。素人ならスミマセンでしたって土下座してみろよ」と悪態をつくと、リングサイドにいた“HOT STAFF”桂ヤスヒロJr.が「ちょっと待て! もう時間がないんだよ。これ以上やると延長料金取られちゃうんだよ!」と言ってストップ。それでも下田と千葉が乱闘を始めようとしたが、本気で止めて足早に締めてしまった。続きは来月の新木場大会だそうだ。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif