プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年12月11日

Dynamite!!でも旧PRIDEとの対抗戦! 京セラDではやれんのか!も見られる

Posted by TEAM-angle at 15:20 / Category: 【格】Dynamite!! / 0 TrackBack

071211_Dynamite-1.jpg 11日、都内のホテルで『K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!』(31日、京セラドーム大阪)の記者会見が行われた。発表された対戦カードや会見の模様はナイガイモバイル☆バトルで詳しくお伝えしているので、ぜひご覧下さい。
 格闘技界の大連立誕生によって、大晦日に旧PRIDEスタッフがさいたまスーパーアリーナで開催する『やれんのか!大晦日!2007』に、同日大阪で『Dynamite!!』を開催するFEGも主催者に名を連ねるといウルトラCが実現。FEGはカルバンの派遣を発表し、青木との対抗戦が決定したが、今度はその逆に『やれんのか!』サイドから選手が派遣され、大阪でも対抗戦が行われることになった。
 『やれんのか!』から派遣されることになったのが西島洋介、ズール、ヨハキム・ハンセンの3選手。西島はマヌーフ、ズールはミノワマン、ハンセンは宮田が迎え撃つことになった。さらに、当日京セラドームでは『Dynamite!!』の閉会式終了後、会場のスクリーンで埼玉の『やれんのか!』の模様を中継することも決定。全試合完全中継とはいかないが、FEGから派遣された選手の試合を中心に“特別編集”されたものになるとのこと。その逆にたまアリでも『Dynamite!!』の模様を中継したり、TBS(地上波放送)でも二元中継するかどうかは現時点では未定。

071211_Dynamite-2.jpg 対抗戦といっても最近HERO'Sに移籍したばかりのミノワマンはそのムードが薄い。しかも対戦相手は200cm、185kgのズール。等身大パネルの横にミノワマンが立つと、その体格差は歴然。思わず谷川代表も「ちょっと(このカードを組んだことを)後悔しました(苦笑)。ただ、テレビ的には強い……」と漏らした。
 ミノワマン本人も対抗戦という意識はあまりないようで、それよりも「いつも言っているように、格闘技に関して体重差、体格差では強さは計れないというのを証明したい」とのこと。なお、今回のタイトルは「ミノワマン第6話、新人類の巻」とのことだが、記者からその意味を尋ねられると、「逆に質問したいんですけど、この言葉を聞いてどのような意味だと思いました?」と逆質問。尋ねた記者が「非常にミノワマン選手らしく、新しいことに挑戦するのかなと思ったんですけど」と答えると、「はい、ありがとうございます」とミノワマン節を炸裂させた。
 宮田の相手には当初、対抗戦ということで川尻や石田が検討されたが、常日頃から一緒に練習をする仲間ということで、HERO'Sにも参戦経験のあるハンセンに落ち着いたとのこと。

071211_Dynamite-3.jpg HERO'Sライトヘビー級準優勝のマヌーフと対戦することになった西島だが、総合(PRIDE)では一度も勝ち星をあげていない。しかし西島本人は「(マヌーフはボクシングでいえば)6回戦くらい。とても闘いやすい選手だと思う。打ち合いになってほしいし、右ストレートでKOしたい」と、マヌーフは強敵というよりも“手の合う相手”と思っている様子。最近は警視庁で柔道の練習をしたり、キックの練習をしたりと、総合格闘家としてもスキルアップしているようで、言葉こそ少なめだが大舞台での大物食いを虎視眈々と狙っているようだ。
 さらにボクシング出身ということでK-1参戦も期待されるが、本人は「とりあえず総合で勝ってから考えます」と言うにとどまった。「西島選手はFEGが提供するリングでは活きると思う。K-1もあるし。ユン・ドンシクがメルヴィンとやってガーッと上がったように、西島選手もチャンスだと思う」と語った谷川代表からは「澤屋敷が出てきて、武蔵が頑張らなきゃいけない時期に、西島選手のような本格的なボクシング経験者が(K-1に)加われば(面白い)ね。ヘビー級で、プロで、アメリカまで行った選手はいないので夢のカードが組める」とラブコールが送られた。

 なお、『Dynamite!!』はU-18 K-1甲子園と元ロッテの立川が出場予定のオープニングファイト以外に、本戦が10試合前後になる模様。今週中にも全カード発表されるそうだが、カルバン以外にも『やれんのか!』に派遣される選手が出てくると思われる。まだ秋山、田村、所、ホンマン、シュルト、武蔵、アーツといった大物が残っているだけにカード発表が注目される。
 谷川代表は「ヒョードルの相手も、できればこちらから出したい気持ちはある。(対戦を希望した)シュルトと話はしたが、準備期間がほしいと言っていた。とにかく大連立オールスターといったようなものを大阪と埼玉でやります! 来年に向けて明るい話題にしていきたい!」と意気込んだ。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif