プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年12月18日

「Uの血が流れている者同士」田村が所戦を受諾! TBSは5時間34分放送

Posted by TEAM-angle at 14:16 / Category: 【格】Dynamite!! / 0 TrackBack

071218_Dynamite-1.jpg 18日、都内のホテルで『K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!』(31日、京セラドーム大阪)の記者会見が行われ、対戦相手が決まっていなかった所英男と武蔵のカードがそれぞれ発表された。発表されたカードや会見の模様は、ナイガイモバイル☆バトルで詳しくお伝えしているので、そちらをご覧下さい。
 「大晦日の試合に出られてこそ一人前の格闘家」という持論を持っているというアッカは、ずいぶんと前からDynamite!!出場をアピールしていたが、1カ月前の時点で谷川EPから「今回はないよ」と言われていたそうだ。だが、つい先日長谷川秀彦とのサンボ特訓の際に「藤田(和之)でも武蔵でもいいから、Dynamite!!でやらせてくれ!」と、しつこくアピールしたところ、その記事をスポーツ新聞で見た谷川EPから「じゃあ、やってみなよ」という電話があり、武蔵戦が決定。
 初のK-1ルールで、しかも武蔵が相手にも関わらず大喜びのアッカに対し、武蔵は11月に塩コショーが出演している子供番組にゲストで呼ばれたばかりだそうで、「まさか対戦することになるとは思わなかった。番組に出ていた子供たちが見たらビックリするんじゃないですか」と、やはりアッカとの対戦は“想定外”だった様子。とはいえ、復活に向けて出発したばかりの武蔵としては、ここで負けるわけにはいかない。
 負けられないという意味では、所との対戦を引き受けた田村潔司も同じだ。

071218_Dynamite-2.jpg 当初はミノワマンとの対戦を希望していた所だが、ミノワマン側から「超人を目指しているので、デカイ相手とやりたい」と言われてしまい、さらに前田日明スーパーバイザーからも「体重差があるからダメだ」と言われる始末。谷川EPから「ほかにやりたい選手はいないの?」と尋ねられた所は「僕が名前を出すのもおこがましいのですが」と前置きをした上で田村の名前を挙げたという。
 そしてダメ元で田村にオファーを出したところ、予想外にも対戦を受諾。これを受けて所も自ら前田SVに報告に行き、田村戦への熱い思いをぶつけたようだ。谷川EPも「よく田村選手が受けてくれたなと。やりにくい試合だと思います。体重差とか先輩後輩であることを考えると、負けたら何を言われるか分からないし。メリットの少ない試合なのに受けてくれたのは田村選手のいいところ。ぜひこの試合を機に、来年は船木選手とか桜庭選手とか秋山選手とかの闘いの輪に入ってほしい」と、口説くのが難しい“赤いパンツの頑固者”だけに、何が理由で所戦をOKしたのかはイマイチ分からないといった感じ。
 田村本人はというと「(所から憧れているということに関しては)U系の試合を見てそう言ったと思うし、悪い気はしないのですが、そんなことよりは試合でお互いの気持ちをね。試合では先輩後輩は関係ないですし、Uの血が流れている者同士、対戦相手だったりお客さんが相手だったりしますので、そういう目的意識を持った選手とやれるのは光栄。(オファーを受けるかどうか)迷いはありましたね。(OKした理由は)ひと言では言い切れないんですけど、1つはUに対して共通点でありますし。僕自身Uにこだわりがありますから。勝ち負け以上の闘いがあると思うし、お客さんあっての選手だと思っているので。体重差はリングに上がっちゃえば関係ないでしょう。一応考えてはいますが、あまり考えないようにしています」と、やはり“U系ファイター同士の対戦”という部分に、自分自身もお客さんも興味を持ってもらえるからこそオファーを受けたようだ。
 U系ファイター対決ということで、谷川EPは「田村選手のマインドはよく分からないが、この2人なら究極のUスタイルが見せられるんじゃないですかね。いま潰し合いの総合格闘技が世界を席巻する中で、船木vs桜庭と所vs田村は『これも総合格闘技か!』というようないい試合になるんじゃないかな。結果はどうなるか分からないし、高田vs田村戦のような残酷な結果になるかもしれないけど、あれもいい試合だったと思うので。KIDvsヤヒーラや秋山vs三崎とは違う試合が見られるんじゃないかと思っています」と期待を寄せた。
 なお、桜庭vs船木戦に関して、田村は「うーーーーん、船木さんの7年というブランクは大きいと思うので。でも僕がお付き合いのあった頃の船木さんは、一直線に追い込んでいく人。そういう船木さんの前に出る気持ちを桜庭はかわすのがうまい。2人が闘っているイメージは沸くけど、勝敗のイメージが沸かない。長引けば桜庭だけど、短期間に打撃が入れば船木さんかな」と分析。また、旧PRIDEスタッフによる『やれんのか!』に関しては「興味はありますが、東京(※実際は埼玉)と大阪に別れるんでね」と言うに止まった。

071218_Dynamite-3.jpg 主要カードはだいぶ出揃った『Dynamite!!』だが、立川隆史が出場予定のオープニングファイト以外に、本戦にもあと1~2試合追加される予定。
 そして当日、TBSは18時~23時34分までの5時間34分、全国28局ネットで『Dynamite!!』を中継することが決定! 番組のキャスターは井上和香、田丸麻紀、小林麻耶が務め、スペシャルゲストとして『レコード大賞』のメインMCも務める押切もえを迎える。試合の解説は谷川EP、畑山隆則、宇野薫。そして『サラリーマン金太郎』や『特命係長・只野仁』でお馴染みの俳優、高橋克典がスペシャルナビゲーターに起用された。
 自身もボクシングを習っているという高橋は会見に出席し、「去年の大晦日はDynamite!!を見てました。注目カードはたくさんありますね。すべての試合に注目したいです」と語った。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif