プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年02月03日

IGFで小川と対戦するジョシュ・バーネットが、戦極の旗揚げ戦で吉田と対戦!

Posted by TEAM-angle at 18:17 / Category: 【格】SRC・戦極 / 0 TrackBack

080203_Sengoku-1.jpg 3日、都内のホテルで『戦極 -SENGOKU-』(3月5日、国立代々木競技場第一体育館)の記者会見が行われた。会見の詳細はナイガイモバイル☆バトルをご覧下さい。
 戦極設立当初から参戦を表明していた吉田秀彦の対戦相手が、ジョシュ・バーネットに決定! この吉田vsジョシュ戦が3・5戦極旗揚げ戦のメインカードとなる。何人かの対戦相手候補の中から、日本での知名度を考えて自らジョシュを選んだという吉田。
 戦極の広報を務めながら、吉田の所属先であるJ-ROCKの社長でもある國保氏が「今まで吉田選手はノゲイラやヒョードルと当たる機会がなかった。PRIDEの後半になって、やっとミルコとはやることができたが、本人が総合格闘技に転身したのは、どんな選手と対戦しても勝てるという思いから。そういう意味ではトップファイターのジョシュ選手とやれるのは本人の望みでもある。事務所サイドとしてはあまりやらせたくなカードだが、やらせたくないカードというのはみんなが待ち望んでいるカードでもあるので、(戦極スタッフとしては)非常にいいカードだと思っています」と、エースサイドがリスクの高い試合をすることを危惧しつつも、旗揚げ戦からいきなりビッグカードを提供できることに自信を覗かせた。

080203_Sengoku-2.jpg 4~5年前には高阪剛のジムで一緒に練習したこともあるという両者だけに、対戦が決まったいまも友好ムード。記念撮影の際もお互いに笑顔で握手を交わしたり、ジョシュが肩を組むと、吉田もジョシュのお腹をつねるマネをしたり。さらにカメラマンから「睨み合って」とリクエストされても、お互いにすぐに吹きだしてしまうほど。
 とはいえ、PRIDEとは若干違って今度は戦極という新しいイベントのど真ん中のエースを務めることになった吉田は「旗揚げ戦なので、勝敗に関係なくいい試合をしなくちゃいけないという思いはある。それが今後につながっていくと思うし。凄まじい試合になればいいと思って、ボクシングとかウエートとか、いま自分でやれることをやっているわけだし。足関(節技)とかは気をつけないといけないけど、久しぶりにグラウンドの強い選手とやるので楽しみ。最近、総合格闘技はあまりいいイメージがなかったので、この戦極で『総合が見たいな』と思ってもらえるような試合がしたいですね」と、十分責任感を感じている様子。
 1月からはボクシングの練習を始め、ウエートトレーニングもしているため、体はだいぶ絞れているようだが、ジョシュとの体格差はさほど気にならないとのこと。

080203_Sengoku-3.jpg 一方のジョシュは「昨年はケガをしたわけでもなく、ホームがなくて試合ができなかったので、試合ができることになったのが嬉しい。吉田サンとメインで闘えるのは光栄だし、自分にとってはラッキー」と、久しぶりに大舞台でビッグネームとMMAの試合ができることを喜んでいる様子だった。
 その上で「柔道とキャッチレスリングは古くからのライバル同士で、今回で柔道家と対戦するのは3回目だ。歴史のある闘いという以外にも、ファンに楽しんでもらえる試合をしないといけない。内股vsジャーマン、ヒザ十字(固め)vsアキレス腱(固め)といった攻防をファンに見せたい。吉田サンはただの柔道家ではないのは分かっているが、もちろんスープレックス、キック、サブミッションは狙っていくよ。吉田サンは身体能力がとても優れているので、試合では筋肉のぶつかり合いではなく、それ以上に素晴らしいものを見せたい。佐藤光留戦でトライした逆STF(裏STFのこと?)も狙っていく!」と、吉田の後輩である中村和裕戦では決められなかったジャーマンも狙っていくという。
 奇しくもジョシュは今月、吉田の先輩でもある小川直也とIGFで対戦することが決まっているが、「私はプロレスラーであり、プロのファイター。試合があるところに姿を現すし、リングの上で“プロとは何か”というものを見せるのが私の仕事。例え小川戦でケガをしても、吉田戦は行うよ」と、何ともプロレスラーらしいことを言ってのけた。ちなみに吉田はジョシュが小川と対戦することに関して、気になるかと聞かれると「いや別に。プロレスでしょ?」と答えたが、小川直也・吉田秀彦という2人の“柔道王”と連戦する選手も、そうはいないだろう。
 なお、ジョシュが今後も戦極に継続参戦するかどうかは、ジョシュ曰く「吉田戦次第」とのこと。また、この会見にジョシュが持参したパンクラス無差別級のベルトが吉田戦で賭けられることはないが、戦極は年内中にはタイトルを新設する可能性が高いとのこと。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif