プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年02月18日

カズvs近藤の名勝負を愚連隊がブチ壊す。そこに現れたのはエル・サムライ!

Posted by TEAM-angle at 00:00 / Category: 【プ】全日本プロレス / 0 TrackBack

080217_AllJapan-1.jpg 17日、後楽園ホールで行われた全日本プロレス『2008 エキサイトシリーズ ~ドリー・ファンク・ジュニアさよならシリーズ~』開幕戦。全試合の詳細はバトル三昧をご覧下さい。
 全日本ジュニア再興を掲げたカズは、1年半前に「これぞ最高峰!」と言われた近藤戦を超えるような試合をすると誓い、いきなり開幕戦で近藤とシングルで激突。序盤の場外戦で脇腹を痛めたカズだが、近藤の脇腹攻撃に耐え抜き、ゴリースペシャル・ボムやWA4で攻めていき、近藤のキングコング・ラリアットをかわしてのファイナルカットを狙ったが、それを近藤がリバースブレーンバスターに切り返すなど、超高度な攻防が繰り返された。
 そして、至近距離ながら、ついに近藤のキングコング・ラリアットがカズを捕らえ、近藤が奥の手のムーンサルトを狙ってコーナーに登っていくと、何とNOSAWA論外&MAZADAの東京愚連隊が乱入し、イスを近藤に投げつける!
 場内が騒然となる中、カズや止めに入ってきた全日本ジュニア勢を蹴散らした愚連隊は「今年は全日本ジュニアは俺たちが仕切っていくぞ。俺たちにタッグで喧嘩売って来い! タッグじゃ俺らが一番なんだよ!」と豪語。すると、そこに青いマスクマンが乱入し、論外みリバースDDTを決めていった!

 そのマスクマンは新日本プロレスを退団してフリーとなったエル・サムライ! イスで愚連隊を蹴散らしたサムライは「本当の主役は俺だ!」とマイクで叫ぶとカズとガッチリ握手。全日本ジュニアはどうやらタッグ戦線へと流れていきそうな雰囲気。愚連隊やコンブラ、カズ&サムライなど、なかなか充実した戦いになりそうだ。

080217_AllJapan-2.jpg そのジュニアタッグ戦線に加わっていくことになりそうなのが、メキシコ遠征から帰ってきた大和ヒロシ&KAIの2人。この日、凱旋試合として同期の真田&T28と対戦。お互いに1年間、メキシコと日本でやるべきことをやってきたという思いがあるだけに、同期らしい激しく熱い一戦となった。
 若干動きが硬い大和&KAIに対し、真田&T28は優位に試合を進めたいところだったが、T28が痛めている左肩を狙われてしまう。その分、真田が伸びのあるドロップキックで反撃するのだが、試合が進むに連れ徐々に動きがよくなってきた大和&KAIは合体攻撃も飛び出し、最後は非常にしなりのある大和のジャーマンで真田がマットに突き刺さると、高さのあるKAIのフロッグスプラッシュにT28が沈んだ。

080217_AllJapan-3.jpg ついに3・1両国大会での引退試合に向けてカウントダウンが始まった“グレートテキサン”ドリー・ファンクJr。この日は渕、そして愛弟子の西村とトリオを結成して、荒谷&平井&土方と対戦。
 暖かい声援でドリーを迎え入れた観客は、先発で出てくることを願うが、先発は西村。続いては渕。だんだんとジレてきた観客だが、コーナーから手を伸ばすドリーに向かって渕は「まぁ待て待て」のポーズ。そして満を持してドリーがリングインすると、観客からは対戦相手の荒谷や平井に「空気読めよ」といった声援(?)まで飛ぶ。
 荒谷が反撃に出た際にはブーイングまで起こったほど。しかし、心配ご無用! 荒谷の串刺し攻撃をかわしたドリーはエルボースマッシュを叩き込み、スピニング・トーホールドへ。1度はカットされたが、ドリーは西村と荒谷の巨体を合体ダブルアームスープレックスで投げ飛ばすと、再びスピニング・トーホールドを決めてカウントダウン第1戦に勝利! このドリーの勇姿が見られるのもあとわずかだ!

 なお、赤髪から金髪となった諏訪魔は6人タッグでブードゥー・マーダーズ(以下VM)と激突。VMもYASSHIが前日にカスイチでの長州戦でケガをしたため、谷嵜が代打出場。試合はラストライドで諏訪魔が谷嵜を沈めたが、試合後にTARUは諏訪魔の体に赤のスプレーでペイント!
 さらにハサミで髪の毛を切ろうとするが、間一髪で真田がカット。TARUと睨み合った諏訪魔がオジキ、勝負しろよ!」と詰め寄ると、TARUは「両国で待っとけよ、諏訪魔!」と吐き捨てた。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif