プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年03月08日

666新木場大会でTARUと先輩が仁義なき戦い! 佐藤悠己がアッチの道に?

Posted by TEAM-angle at 22:56 / Category: 【プ】666 / 0 TrackBack

080308_666-1.jpg 8日、新木場1stRINGで行われた暗黒プロレス組織666の『666 vol.23』。なかなかほかのメディアでは取り上げられない666の興行ですが、ナイガイモバイル☆バトルでは限界ギリギリまで大会の模様をお伝えしていますので、ぜひご覧下さい。
 全カード観客には伏せられた状態で行われる666の興行だが、「仁義なき戦い 新木場死闘編」と出されたセミファイナルには、何と日本プロレス界が誇るコワモテレスラーのTARUと先輩のタッグ対決が実現! スクリーンでカードが発表されると、超満員のお客さんが一気に沸き上がる。その期待に応えるようにリング上で対峙するなりメンチを切り合うTARUと先輩! 両者を何とか分けてコーナーで落ち着かせ、まずは怨霊と宮本が試合を始める。
 だが、TARUと先輩は試合そっちのけでメンチの切り合いを続ける。ほとんどの観客がリング上の戦いより、場外で行われているTARUと先輩のメンチ切り合いに注目する中、ついにリングインした先輩はセカンドバックから謎の注射器を取り出し、それを頭に注射した!

 これで一気にパワーアップした先輩は、怒濤の反撃を開始。クローズラインの連打からロープを揺らす“アルティメット・ウォリアームーヴ”まで繰り出し、場内を沸かせる先輩! ……が、あっという間におクスリの効力が切れてしまい、あとはコーナーで失神状態に。そのため宮本が、現在肋骨が折れているにも関わらず、TARU&怨霊という強力タッグを相手に孤軍奮闘。
 しかし、TARUのTクラッシュ→怨霊の怨霊クラッチの前に健闘空しく敗れ去った。先輩は最後まで復活することなく、試合後セコンドに担がれて退場。仁義なき戦いはこれにて終止符……なのか?

080308_666-2.jpg 先月のバレンタインデーに行われた『メンズクラブナイト2』でも、ゲイレスラーに大人気だった佐藤悠己だが、この日は突如忍&みねぴょん(藤田峰雄)と共に、ピンクのコスチュームで揃えた“ピンキー三丁拳銃”なるトリオを結成! 一体佐藤君に何があったのか!?
 とはいえ、恐らく半ば強引に三丁拳銃に入れられたであろう佐藤は、忍やみねぴょんが繰り出すお下劣攻撃には断固拒否! 「やれよ!」と強要する忍に対し、佐藤は直立不動で「やれません!」とキッパリ。ちなみにお下劣攻撃をやられ続けた高梨は泣きそう……
 ところが、忍とみねぴょんが69プレスを繰り出そうとすると、突如佐藤が自らも69プレスに加わることを志願! 一体佐藤君に何があったのか!? ともかく、メンズクラブナイト2での出来事と、今回の3Pの69ですっかり“目覚めてしまった”佐藤は、趙雲に対して何とファイト一発!を食らわしていく。その姿を見た忍は感動のあまり(?)、佐藤を抱きしめて押し倒す。その横でみねぴょんが、しゃちほこマシーンにスワントーンボムからのピンキー風ダウンバーストを決めて勝利!
 勝った佐藤は大喜びで忍とみねぴょんに抱きついていく。これで逆に盛り上がってしまった忍とみねぴょんは、すかさず佐藤に違った意味で襲い掛かっていったが、何とか冷静さを取り戻し、最後は3人仲良く引き上げていった。

080308_666-3.jpg これまた『メンズクラブナイト2』に出場したドラゲーのカツオが、この日ドラゲーが越谷で大会を行っているというのに666に出場! ホッシ~ノと「ストップ・ザ・ダイエット! スクランブル・パン喰う・ハウスデスマッチ!?」なる試合を行ったのだが、要はリング中央に置かれたアンパンを先に喰ったほうが勝ちという、パン喰い競争ルール!
 メタボな2人がリング上で1つのアンパンを奪い合うという異様な光景が繰り広げられていたが、2人は目の前のパンを目の前のメタボから奪うために、“動けるデブ”であることをいかんなく発揮! ホッシ~ノが手にムチを持っているのに、大して使わずシャイニング・ウィザードを繰り出せば、カツオもメタボリックアタックからの雪崩式フランケンを披露!
 そしてカツオがトドメのメタボリック・フットスタンプを放っていると、その隙にリング下からアンパンを拝借した練習生が盗み食いをするという暴挙に出る! これを発見したカツオとホッシ~ノは、「食い物の恨みは恐いのよ!」と叫びながら、この練習生を捕まえてリングに上げると、まずはホッシ~ノがダイビング・セントーン、続いてカツオがメタボリック・フットスタンプを落とすという、強烈すぎるかわいがり!
 口からアンパンを吐き出すほどお仕置きされた練習生を尻目に、まだ試合の決着はついていないのに、ホッシ~ノとカツオは2人で仲良く焼き肉屋に行ってしまった。

 このほかにも小仲=ペールワンvsウルトラロビンや、“バカ社長”ことクレイジーSKB、シャドウ、破羅死魔らが出場したメインイベントなどがありましたが、内容はここでは書けません! ぜひナイガイモバイル☆バトルでご確認ください。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif