プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年03月18日

5・18戦極第二陣に、ホジャーやミルコとやるはずだった(?)中尾らが参戦決定

Posted by TEAM-angle at 15:05 / Category: 【格】SRC・戦極 / 0 TrackBack

080318_Sengoku-1.jpg 18日、都内のワールドビクトリーロード事務所にて『戦極~第二陣~』(5月18日、有明コロシアム)の記者会見が行われた。会見の詳細はナイガイモバイル☆バトルをご覧下さい。
 5月、6月と連戦が決まっている戦極だが、「まだ見ぬ強豪」として注目されていたホジャー・グレイシーの日本デビュー戦は5月の第二陣で行われることが決定。対戦相手は現時点ではまったく決まっていないそうだが、ホジャー本人は「ヘビー級でも93kgでもどちらでもできる。強い相手とやりたい」と語っているという。ホジャーの試合は第二陣のメイン候補ということなので、日本人・外国人問わず、それ相当の相手と対戦することになりそうだ。
 また、パンクラスismの北岡悟、GRABAKAの佐々木有生、そして中尾“KISS”芳広といった日本人選手の参戦も決定。全体的に数が少ない日本人ヘビー級ファイターだが、戦極には吉田、藤田に続き中尾も参戦することに。「ぜひカッコイイ相手、カッコイイ男を当ててもらいたいと思います。藤田選手や吉田選手と戦うために戦極に来たので、この2人とは確実に戦いたいです。とくに藤田選手に勝たないとナンバー1の座は取れないと思うので、次の試合で勝ってリング上で藤田選手の名前を出したい」と意気込みを語った中尾。

080318_Sengoku-2.jpg ヘビー級ということでホジャーの対戦候補にも挙がるが、中尾本人は「ホジャーは顔がよくないし、タイプじゃない(笑)。本当は藤田選手ち一発目にいきたいが、この間試合をしたばかりだし。藤田選手が自分と試合をしなきゃいけない状況に持って行きたい」と、あくまでも狙いは藤田和之。
 中尾と言えば、先日『DREAM』の旗揚げ戦でミルコ・クロコップとの対戦が、当初決まったという噂があったが、その件に関しては「自分はファイターなので、練習をして試合をすることが自分の役割。細かいことはマネージャーの川崎さん(=ブッカーK)に任せている」というに止まった。
 また、國保広報から「五味選手の対戦相手候補」と言われた北岡だが、本人は「自分の口から五味選手の名前を出すのは失礼だと思う。70kg級のトップ選手の名前を出す権利も力もいまはないと思うので、そこまでいける段階をこの場所で踏ませてもらいたい。そういうチャンスだと思いますし、そういう段階を踏む上でいい相手を用意してくださると思うので、ちゃんとその段階をクリアしていくことが僕の役目だと思う」と謙虚に語った。
 それというのも一度でも負けたら体重を落とそうと考えながら、先日77kgで試合をしたところ、1回目で負けてしまったことで、「この世界で成功したいなら、ちゃんと落とさないといけないんだという現実を思い知ったというか、自分の弱さを知ったので。ちゃんと勝っていく大事さを考えると、(体重を)落としたほういいだろうと思いました」と、70kg級でキチンとやっていこうと思い知らされた矢先だったようだ。

 また、國保広報は『DREAM』の旗揚げ戦を実際に会場で見たそうだが、「途中で判定が多くなったり、最後の青木選手の不慮の事故が起きてしまったが、ああいったことは我々の中でもいつ起きてもおかしくないこと。しょうがないと思うが、ファンにとっては残念な結果だった。視聴率も昨日結果を聞きましたが(平均8.9%)、あまり格闘技界にとってはいい結果ではない。20%くらい取ってくれれば、我々にもいい意味で跳ね返ってきたと思う。地上波を持っている以上、ぜひ頑張ってもらいたい」とエールを送った。
 なお、戦極の地上波放送に関しては、「今ここでこうなりましたとお話できることはないが、21日にフジテレビの『SRS』で戦極特集が放送されますし、この間も日本テレビでニュースとして報道されたり、そういったところで徐々に徐々にだと思っています」と語った。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif