プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年04月04日

青木vsカルバンは没収試合→4・29再戦!宇野の特別扱いに石田が不満爆発

Posted by TEAM-angle at 15:43 / Category: 【格】DREAM / 0 TrackBack

080404_DREAM3-1.jpg 4日、都内のホテルで『DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd ROUND』(5月11日、さいたまスーパーアリーナ)の記者会見が行われた。会見の詳細や発表された対戦カードに関しては、ナイガイモバイル☆バトルをご覧下さい。
 まず『DREAM.3』の発表に先立ち、笹原イベント・プロデューサーと共に青木真也が登壇。発表が遅れていた3・15『DREAM.1』でのカルバン戦の最終裁定に関して、笹原EPが「何度もビデオを見て検証した結果、島田ルールディレクターも主催者サイドも、カルバンが故意にヒジを落としたのか、アクシデントだったのかは、どちらとも言えないという結論に至った。トーナメント特別ルールでは、無効試合の場合はカルバンが勝ち上がることになっているが、この試合は最終的に“没収試合”ということになった」と発表。
 そこで再戦を両選手にオファーしたところ、どちらも受諾。しかも『DREAM.3』ではなく、4・29『DREAM.2』での再戦が決定した。笹原EPは発表が遅れたことに関して「没収試合となったことには双方に納得してもらっていたが、青木選手のケガもあって4・29に再戦するかどうかで時間がかかった」と説明。そして青木は「気に入らないこととか、頭に来ることとか、言いたいことは腹の中に腐るほどあるけど、この気持ちをぶつけて、勝ちたいでは勝ってみせる試合をします!」と、珍しく不機嫌そうな表情で言い放った。

080404_DREAM3-2.jpg 4・29での青木vsカルバンの再戦は、形としてはライト級GP一回戦の仕切り直しとなり、勝ったほうが5・11『DREAM.3』で行われるライト級GP二回戦で、永田克彦と激突する。しかし、試合間隔が短い上にケガをする可能性もあるため、それが正式決定ではなく、あくまでも主催者サイドの“希望”として発表された。
 笹原EPは「プロモーターとして本音を言うなら、4・29で勝った選手は5・11に出てほしいが、明らかにイージーファイトではないので僕は言えないですね(苦笑)」と苦しい胸の内を吐露。青木本人も「(勝った方が5・11で永田相手に二回戦は)主催者の都合なので、僕は4月29日に120%の青木真也を見せるだけ」と、二回戦のことよりもまずは昨年大晦日に続き、2度も消化不良に終わっているカルバンと今度こそ完全決着をつけることに集中している様子。
 二回戦の相手が確定しない永田は「(青木もカルバンも)やることに意味のある相手だと思うし、勝者とやれるのはこの上ない嬉しいこと。トーナメントだということを考えれば、優勝するためには全部勝たないといけないので、相手がどうのとは言えない」と、青木にしろカルバンにしろ、強敵には代わらないので決まった相手を倒すのみという感じ。
 とはいえ、ケガなどで青木もカルバンもどちらも出られないという可能性も十分にあるが、笹原EPは「どんな形になるしろ、永田選手の試合(GP二回戦)は必ず組みます。補欠選手も考えないと。そのためにもう1試合(リザーブファイト)を組むか、いずれにせよ皆さんに納得してもらえるような形を考えます」と説明した。

080404_DREAM3-3.jpg また、ライト級GP一回戦は出場を予定していた宇野、シャオリン、横田といった選手がケガのため間に合わず、最終的に8試合ではなく7試合しか組まれなかった。シャオリンは他団体のチャンピオンということでスケジュールが合わず、横田もケガが完治していないということで、今回は宇野が“主催者推薦枠”として二回戦から出場することになった。
 しかし二回戦で対戦することが決まった石田光洋は、「主催者推薦枠には正直納得していない。決まったカードなのでやるだけだが、(宇野は)会見にも来ていないし、みんな一回戦で潰し合いをしてきたのだから、そういう選手とやりたかった」と、宇野の特別扱いに不満を爆発! 川尻も「言いたいことは原稿用紙10枚分くらいありますけど、石田君に託したい」と語り、永田も「いきなり二回戦に入るのはどうかと思う」と石田と同じように不満を口にした。
 さらに石田は「(宇野は)偉大な人だとは思っていました」と、敢えて“過去形”で言ってのけ、「今はよく分からないです。決まった以上はしょうがないですけど、出る本人(=宇野)はどう思っているのかな? 納得しているのかな? トーナメントとして考えたら、あまり関わりたくないというのが本音なんですけど、ワンマッチとかなら素晴らしい選手なのでやりたい気持ちはあります。でも一回戦をちゃんと勝ち上がってきた選手とやりたかったですね。チャンピオンなら話は別だが、(宇野は)チャンピオンじゃないですからね。よく分からないですね」と、宇野本人はこの特別待遇をどう思っているのか知りたいといった様子。
 とはいえ、「選手として見ればスタミナも凄いし、寝技も打撃もトータルでレベルの高い選手。負けん気も強いだろうし、格闘技に対する思いっていうのは相当凄いものを持っていると思うので、危険な相手だと思っている。決まったことに関してどうこう言っても始まらないし、あとはリング上でやるだけ。宇野選手も選手として素晴らしい選手なのでぶつかりたい」と宇野を“十分強豪”と認めているだけに、こういう形での対戦に納得いかないという思いが強いようだ。
 笹原EPも「(宇野も4・29で試合をやらせる)考えはありましたけど、う~ん……アイデアとしてはあったんですけど、最終的には宇野選手vs石田選手を二回戦でということで発表した。一回戦から勝ち上がってきた選手が納得できないというのは理解できるが、大会をやっていく上で組まざるを得ない。ある意味、石田選手がああ言うことで対戦に熱を帯びるので、その気持ちをリングの上でぶつけてもらいたい」と、選手の心情を理解しつつも、敢えて宇野を特別扱いしたのは、HERO'S出身の宇野とPRIDE出身の石田の対抗戦的カードに、更なる“燃料”を投下という狙いもいくらかあるようだ。また、近々宇野がどういう思いなのか、本人の口から発表できる場も設けるという。

 ちなみに笹原EPはこの度、株式会社リアルエンターテインメントという新会社を設立。渋谷に事務所も構え、今後DREAMの制作はリアルエンターテインメントが中心になって請け負うような形になる。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif