プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年04月17日

動き出したドラゲー! YAMATOがマッスル入りし、CIMAと斎了の溝が深まる

Posted by TEAM-angle at 23:12 / Category: 【プ】DRAGON GATE・武勇伝 / 0 TrackBack

080417_DragonGate-1.jpg 17日、後楽園ホールで行われたDRAGON GATE『THE GATE OF PASSION』。5・5愛知県体育館でのビッグマッチを控えた後楽園大会だが、やはり事件が起こった! 全試合の詳細はバトル三昧でご覧下さい。
 谷嵜がドラゲーに電撃復帰した際、真っ先に拒否反応を示したYAMATOだったが、大田区大会で一騎打ちをしたのを機に歩み寄り、この日タッグを結成。谷嵜をドラゲーに復帰させた仕掛け人であるGammaとタッグで激突したのだが、何とYAMATOが試合中Gammaから奪い取った有刺鉄線竹刀で谷嵜を襲撃! そのままギャラリアを決めていくと、何とGammaが踏み付けフォールで試合終了。
 場内が騒然とする中、Gamamaがマッスル・アウトローズの新メンバーとしてYAMATOを紹介すると、YAMATOは「俺はもういい子は飽き飽きなんだよ。俺は本来のNEW HAZARDの姿に戻す! これがNEW HAZARDの本来の姿なんだよ!」と叫び、さらに大の字に倒れた谷嵜を強引に引き起こすと、Gammaや堀口らと袋叩きに。そして「再起不能にしてやるよ」と、スーパーパワーボムを決めようとした瞬間……

080417_DragonGate-2.jpg 突如2人のDrマッスルが乱入し、谷嵜を救出! 谷嵜を連れて引き上げていく2人のDrに向かい、Gammaが「お前らも土井吉派かよ? まぁいい、お前らなんか戦力外だ。俺らはこれからこの4人でやっていくからよ」と吐き捨てた。果たしてこの2人のDrマッスルの正体は? 土井吉との関係は?
 この事件の興奮が冷めやらない中、YAMATOに裏切られた形のNEW HAZARD(鷹木&ハルク&サイバー)が、Typhoon(横須賀&斎了&キッド)相手にトライアングルゲート防衛戦を行うメインに突入。試合はドラゲーの6人タッグらしい目まぐるしい展開の中、鷹木がキッドをエプロンにアバランシュホールドで叩き付けたり、コーナーの上で斎了が肩車したハルクにキッドが雑伎団式リバースフランケンを見舞うなど、かなり激しいぶつかり合いとなった。
 最後は鷹木の雪崩式ラストファルコニーを食らってもすぐに立ち上がった横須賀が、ラリアットの相打ちから渾身のジャンボの勝ち!を叩き込んでいったが、返す刀で鷹木がパンピングボンバーを叩き込み、ラストファルコンリーを決めて勝利。NEW HAZARDが王座防衛に成功した。

080417_DragonGate-3.jpg すると試合後にYAMATO、Gamma、堀口、神田のマッスル・アウトローズが乱入! YAMATOはハサミでハルクの髪の毛を切り、サイバーのマスクをはぎ取る暴挙に出る。鷹木が「それがお前のやり方か? 俺はこういうのが一番嫌いなの分かっているよな。テメーには義理人情っていうのがねぇのか?」と詰め寄ると、YAMATOは「テメーはいつから客に媚び売るようになったんだよ! 何が義理人情だよ」と返し、その場で来月の後楽園大会でYAMATO&Gamma&堀口で、NEW HAZARDのトライアングルゲート王座への挑戦を表明。
 興奮したハルクがYAMATOに向かって「おい、ハルク!」と叫んでしまい、緊迫したムードが一転しそうになるが、Gammaと共に憎らしげな表情で笑うYAMATOのヒールぶりに辛うじて食い止まる。さらにこの日の第1試合でアンソニーと吉野とブレイザー、さらにCIMAの推薦でPACの出場が決まったブレイブゲート王座決定トーナメントに、Gammaも出場することを宣言してマッスル軍は退場。
 リングに残ったNEW HAZARDの3人はお互いに結束を確かめ合う。鷹木はハルクに向かって「確かにお前とはプライベートでは仲良くねぇけど、リング上では関係ないだろ?」と“腹の内”までぶっちゃけていくと、ハルクもその心意気に応えるかのように、ダンスを封印して戦闘モード突入を宣言!
 しかし、なぜかサイバーが「B×Bハルクがダンスを封印してどうすんねん! 何なら俺とハルクと信悟の3人で、次の大阪でダンス踊ってもええねんぞ!」と突如言い出す。必死に抵抗した鷹木だったが、観客からの「見たい~」の大合唱に、「あ~、ちくしょう。分かったよ、こうなったら俺がB×B信悟になって、サイバーがB×Bコングになってダンスを踊ってやる! ただし、愛知県大会でハルクがYAMATOに勝って、あの変な髪を坊主にするのが条件だ。もしお前が負けるようなことがあったら、俺と同じコスチュームを着てパンピング・ハルクとかになってもらうからな!」と条件付きで承諾した。

080417_DragonGate-4.jpg この日、YAMATOがNEW HAZARD→マッスルに移籍したわけだが、その前からマッスル内で孤立している土井吉は、この日神田を加えたトリオでCIMA&アンソニー&ブレイザーと対戦。
 “元ミニCIMA”のブレイザーがCIMAとタッグを組むという注目の一戦だったが、試合中神田がハサミでアンソニーの髪の毛を切ろうとすると、何と吉野がそのハサミを取り上げて逆に神田の髪の毛を切ってみせた! そしてCIMAとブレイザーのヴィーナスの共演から、ブレイザーのマッドスプラッシュなどが決まり、Typhoon優勢で試合が進み、最後はまたも吉野が神田のブルーボックスを取り上げ、逆に神田にボックス攻撃→アンソニーがエレガント・マジックでフォール勝ち。
 ますますマッスル・アウトローズはGamma派と土井吉の間にある溝が深まる形になったが、その一方でTyphoonもメインで敗れた斎了とセコンドについていたCIMAが、バックステージで口論を始め、斎了が「今のTyphoonの絆を乱しているのはCIMAだ! あいつのせいで今日も負けたんだ」とまで言い出す始末。4・27博多でのCIMAvs斎了のドリームゲート戦、そして5・5愛知でのマスカラ・コントラ・カベジェラ金網6WAYマッチで、ドラゲーマットの勢力分布図が大きく変わりそうだ。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif