プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年05月05日

青木vs永田弟のライト級GP2回戦は6・15に延期。青木は永田兄と対戦希望!?

Posted by TEAM-angle at 16:10 / Category: 【格】DREAM / 0 TrackBack

080505_DREAM3-1.jpg 5日、都内のDEEPオフィシャルジムにて『DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd ROUND』(5月11日、さいたまスーパーアリーナ)の緊急会見が行われた。会見の詳細はナイガイモバイル☆バトルをご覧下さい。
 3月の対戦で背中に落とされたエルボーのダメージも完治しないまま、4・29『DREAM.2』で再びJ.Z.カルバンと対戦した青木真也。この試合でもパンチをかなりもらってしまい、その結果、右上肢感覚障害と左第4・5・6助軟骨骨折(の疑い)により、5・11の試合出場にドクターストップがかかったしまったことが明かされた。
 5月の試合前には「トーナメントは関係ない」と発言していた青木だけに、このままGPから徹底も考えられたが、笹原EPは「永田戦を6・15『DREAM.4』に延期してはどうか」という打診をしたという。この打診を受け、“前向き”に考えることにしたという青木。対戦相手の永田側もこの提案を承諾し、青木vs永田戦のライト級GP2回戦のみ6・15に行われることになった。たた上記の診断結果は、ゴールデンウィーク中にも関わらず主治医に無理を言って出してもらった診断結果とのことで、GW明けには再検査を行う予定とのこと。

080505_DREAM3-2.jpg 「6月15日には100%の青木真也を見せる」とGPに対して前向きな発言をした青木だが、その一方で「色々な気持ちはあるかもしれないが、J.Z.カルバンに勝ったということでDREAMの中における僕の、それなりの責任感もあるつもり。なので、ワガママ言ってもしょうがいないので、自分の信じる人と一緒にやっていきたい」と意味深発言も……。
 会見では「青木選手も色々あるかもしれないが、俺も言いたいことは山ほどある! ここで言ってもしょうがないので、6月に精一杯頑張るだけ」という永田のコメントも紹介されたが、なぜか兄の永田裕志からも「出るとか出ないとか、どこケガしてるとか、ウダウダやっているけどファイターは戦ってナンボ、生き様を見せてナンボだ! ウダウダやっているお陰で6・15は新日本プロレスの後楽園大会と重なり、俺は会場に行けなくなったけど、克彦、お前だけは周りに惑わされず、前向いて一番を目指して頑張れ!」といったコメントが寄せられた。
 これを聞いた青木は「永田(克彦)選手には申し訳ないことをしてしまったが、6月の試合では正面から、同じ元巡査として叩き潰したいと思います。お兄さん(=裕志)に関しては色々言ってくれているみたいだが、関係ねぇだろっていう印象(笑)。もし弟さんにスッキリ勝つことができたら、大晦日に僕と白黒つけてもいいかなと思っています」と、何と“ミスターIWGP”永田裕志への対戦要求をブチあげた!
 記者から「今まで永田裕志選手を意識したことは?」と聞かれた青木は、「普通に格闘技やっていたら意識はできないと思うので(苦笑)、今日コメントを聞いて意識させてもらったことには感謝します。まぁ肌を合わせられるなら1回やってみたいと思いますけど」と、格闘家・青木としてプロレスラーの永田が“アウト・オブ・眼中”だったようだが、今回のコメントによって視界に入ってきたようだ。

080505_DREAM3-3.jpg 佐伯広報も「それは面白いね。覚えてないと思うけど、(永田は)ヒョードルとやったりね」と、かつて永田は大晦日の格闘技イベントで、ミルコやヒョードルとも対戦したことを青木に教えると、青木も「あぁそうですね」とひと言。笹原EPも「いいですね。夢がありますよ。“ミスター大晦日”の称号を賭けてやってもらいたいですね」と前向き発言。現段階では青木のリップサービスに過ぎないが、先日無事に試合に復帰しあ永田裕志が、これを「挑発された」と受け取って何か返すようになれば、年末までに本当に対戦という話も出てくるかもしれない!?
 会見終了後、囲み取材に応じた笹原EPは「5・11に青木選手を楽しみにしていたファンには、主催者サイドとして申し訳ない。6・15でその分もキッチリ見せたい。推薦枠があったり、GPの試合がズレたりして進行しているが、最後しっかりと残り4人になって、勝ち上がって決勝戦となったときは、その物語のすべてを集約させるようなドラマをキッチリ見せたいなと思います。青木選手に関しては、こういう状況の中でギリギリ下せた決断というか、選択肢として最良の選択は出来たと思う。青木選手がダメならカルバンという選択もあったが、ケガが1カ月弱あれば大丈夫とのことだったので、最悪の状況の中で最良の選択は出来たんじゃないかと思う。あのJ.Z.を倒したのだからやっぱり頂点を目指してほしい」とコメント。
 また、5・11に行われる井上vsディアスの勝者と、初代ウェルター級王座決定戦をyる予定だったマッハが、先日の修斗の試合で負けたことを受けて「王座決定戦をやるのは間違いないが、やはりファンが“この2人んら相応しい”と思うようなカードでないといけないので、(マッハに対してもう1試合やってからとか)一考の余地はあると思う」と答えた。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif