プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年05月28日

打倒KID&ベルト獲りを目指して所が参戦!ミルコは試練の寝技限定試合!

Posted by TEAM-angle at 18:14 / Category: 【格】DREAM / 0 TrackBack

080528_Dream4-1.gif 28日、都内のリバーサル格闘技ジムにて『DREAM.4 ミドル級グランプリ2008 2nd ROUND』(6月15日、さいたまスーパーアリーナ)の記者会見が行われた。発表された対戦カードや会見の詳細は、ナイガイモバイル☆バトルをご覧下さい。
 山本KIDを中心に展開されることになりそうなDREAMフェザー級に、所英男の参戦が決定した。宇野薫同様、HERO'Sのイメージが強い所だが、本人も「HERO'Sを背負う気持ちはありますか?」と尋ねられると「それはあります」と語り、vsKIDに関しても「まだ実績がないので、今すぐというわけにはいかないが、やるからには一番上の人を目指して頑張りたい」と前向き発言。
 笹原EPは「この階級は日本人も多いですし、いまは出てきていなくても、これからたくさん出てくると思うので、KID選手を中心としたこの階級の“ドラマ”っていうのを、ぜひ作り出したい。前回のライト級GPで宇野選手は本当に素晴らしかったが、ご本人も口にしていた通り、すごくHERO'Sっていうものを背負っていたと思う。所選手も間違えなくHERO'Sを象徴する1人だと思うので、プレッシャーをかけるわけではないが(苦笑)、そういうものを背負って試合をしていただければと期待をしています」と語った。

080528_Dream4-2.gif そんな所のDREAM初戦の相手は、日系3世でグレイシー仕込みの寝業師であるダレン・ウエノヤマに決定。ダレンは2002年の第5回DEEPに参戦しているのだが、何とその大会で所は選手誘導の“アルバイト”をしていたという!
 奇跡のニアミスをしていた所だが、「(ダレンを)見た記憶はあるんですけど、どんな試合だったかは覚えてないです」とのこと。とはいえ、「グレイシー柔術の寝技を体感できるのは、この先にもつながると思うし、いいことだと思います」と語り、また初めて階級を下げてフェザー級で試合をすることに関しても「体重を上げるよりも下げるほうがラクなので、特別辛いことはない」と不安はない様子。
 なお、笹原EPによると「正直、16人並べるのは相当シンドイんですよね(苦笑)」ということで、フェザー級もウェルター級のようにワンマッチの中から初代王者を決めていくことになる模様。「今年中にできるかどうかは微妙ですけど、ベルトに相応しい選手同士をまず当てて、勝った選手同士を当てるのがいいと思う」と語り、その輪の中に所はもちろん、スンナリとKIDが入っていくかどうかもまだ分からないという。所は「今までもベルトを負けるチャンスをもらってきたが、6回くらい逃している。この機会を逃したらもう無理だと思うので、最後のチャンスだと思ってしっかりやりたい」とベルトに賭ける強い思いを語った。

080528_Dream4-3.gif 所は会見終了後には、5分1Rのスパーリングを公開。スリーパー、オモプラッタ、アームロック、三角絞め、アキレス腱固め、アンクルホールドと次々に関節技を極めていき、好調な仕上がりをアピールした。
 また、3月の旗揚げ戦に続いてDREAM.4への参戦が決まったミルコは、通常のMMAルールではなく“打撃なし”のスペシャル・グラップリングチャレンジで、ハレック・グレイシーと対戦することが決まった。ハレックといえば昨年HERO'Sに参戦し、柴田勝頼と対戦。マウントを取ってからの腕十字というグレイシー定番の必勝パターンで完勝した寝技の猛者。
 ミルコが敢えて相手の土俵で試合をするのか、ということについて笹原EPは「ミルコ選手はUFCでなかなかいい成績が残せず、そこからDREAMに参戦する中で、(エメリヤーエンコ)ヒョードルという一番大きな目標に辿り着くために、いろいろな試練を与えて乗り越えてもらいたい。寝技ではハレック選手のほうが上だと思うし、打撃がないというミルコにとっては不利なルールの中で、勝負論になる試合を見せてほしい」と説明。
 常々ミルコから「チャレンジしたい」と聞いていたというDREAMサイドが「ではグラップリングマッチはどうか」とオファーしたところ、ミルコも快く承諾したという。ようはロード・トゥ・ヒョードルやロード・トゥ・UFCへの試練であり、ミルコが自身のMMAのスキルを磨くためのチャレンジマッチというわけだ。
 とはいえ、打撃なしでホリオン・グレイシーの息子であるハレックと対戦というのは、ミルコにとってかなり厳しい戦いになりそうだが、笹原EPは「ミルコはもう一度ハングリー精神を取り戻そうとしているんだと思う。グラップリングの練習はいろいろな人とやっているみたいで、結構自信があるみたい。ミルコへの試練マッチは今後もあるかもしれないし、好評ならグラップリングマッチもまた組みたい」と語った。
 なお、DREAM.4参戦が予定されているKIDに関しては、現在でも調整中とのことで「来週中にでもキチンとご説明ができると思います」と言うに止まった。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif