プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年06月07日

特注道着を着て挑む吉田だが、8歳上のスミスに対し「いじめないで」とお願い

Posted by TEAM-angle at 17:34 / Category: 【格】SRC・戦極 / 0 TrackBack

080607_Sengoku3-1.jpg 7日、都内のホテルで『戦極~第三陣~』(8日、さいたまスーパーアリーナ)の前日会見が行われた。会見の詳細はナイガイモバイル☆バトルをご覧下さい。
 ある意味ライバル団体の聖地に乗り込む形になる戦極。残り10秒を告げる「シャキーン」という音、煽りV、戦極ポーズなど、前回の大会では演出面について何かと話題になった戦極だが、ワールドビクトリーロードの國保取締役は「3月に旗揚げし、早3カ月。第3回目のイベントとなったが、1つ1つ戦極らしさというものも出てきていると思う。これからも戦極という数多くの、かつ色々な形の“積み木”を皆さんで積み上げていってもらいたい」と語った。果たして明日の大会では、どんな演出を見せてくれるのか?
 演出面よりも肝心なのは、やはり試合。急遽出場が決まった菊田が「戦極で自分にしかできない戦いをして勝ちたい」と語れば、盟友の三崎も「試合は1人で作ることは出来ません。明日はローガン選手と戦極らしい、熱き本物の戦いを見せたい」と熱く語った。そして吉田と並ぶヘビー級日本人エースの藤田は「アメリカのヘビー級を代表する選手と戦えるので、1挑戦者として戦いを挑んでいきたい。明日の一戦は近々開かれるであろう、ヘビー級トーナメントの1回戦だと思ってやる」と語った。

080607_Sengoku3-2.jpg 戦極初参戦にしてオープニングマッチを任された高橋は、会見の冒頭で早くもファビオと睨み合いを展開。その上で「僕の一番大好きな第1試合だし、相手もアグレッシブですし、皆さんの目に僕たち人が刻み込まれるような試合をしたい。それでメインの吉田君にいい形でつなげたい。(ファビオは)怖そうな顔だなと思ったけど、今回は相手がどうだとかじゃなく、戦極の第1試合を任された人間なので、しっかりと試合を作っていきたい」と、やはりベテランらしくその日の興行の雰囲気を決めるといっても過言じゃない、第1試合の役割を十分分かった上でファビオとだったら激しい試合が出来ることを確信した様子だった。
 また、ファビオと同じシュートボクセ所属ということもあって、親交のある桜庭(Laughter7)のTシャツを着たマイケル・コスタも、ニック・トンプソンと激しい睨み合い。カメラマンの前でお互いに向き合ってファイティングポーズと取った瞬間、素早く接近して超至近距離で睨んでいったコスタ。トンプソンも被っていた帽子を脱ぎ捨て応戦すると、両者は額をくっつけて睨み合い。スタッフが服を引っ張って離そうとしたが、両者はしばらくの間睨み合っていた。

080607_Sengoku3-3.jpg そんなピリピリムードが漂う一方で、メインで激突する吉田とスミスは終始和やかムード。スミスはベテランらしく「ヨシダはスーツなのに、私は平服(=Tシャツ姿)で来てしまって申し訳ないね。でも試合の準備はしてきたし、いい試合になると思う。柔道家とは初めての対戦なのでワクワクしているが、ヨシダがインタビューで『ストライキングで攻めていく』と言っていたのを聞いたけど、それは単なるアピールで恐らくグラウンドにいくと思う。次に会見に出る機会があったら、ちゃんとした服装で出るよ」と、余裕の表情。
 そしてスミスの印象を聞かれた吉田が「体もデカくて、見た目もヒゲを生やしてて怖いので、あまりいじめないでほしい」と笑顔で応えると、スミスも笑顔で吉田のほうを覗き込む。そしてスミスもすぐさま「初対面だったが、とても素敵な人だなと思ったよ」と返してみせた。
 会見終了後の囲み取材でも吉田は、スミスから「ヨシダはまだ38歳だろ。若すぎるよ」と言われたことに関して、「(スミスは)今年47歳ですか? (自分が)今年で39だから8つ上? いや~尊敬しますね。僕もそこまで出来たらいいけど……。まぁまだ経験不足なんで、いじめないでくれって言っておいてください」と、「いじめないで」発言を連発。
 それというのも、どうもスミスに関する情報収集がうまくいかなかったようで、あまり試合のVTRが見られなかったという。だが、ジョシュ戦では完成が遅れたことで、“堅くて重たかった”道着が足かせになってしまったが、今回は大幅に軽量化した特注道着を発注。試作品を何度も試着した上、すでに完成品が約1週間前に届いたそうで、この特注道着には「しっくりきている」と太鼓判を押した。
 「道着を着ると動きが制限されるし、持たれることもあるけど、どこまで我慢してできるか。持たれる前に自分がどこまで仕掛けられるかがポイントじゃないですか。(スミスも)グラウンドは出来ると思うが、道着(対策)は難しいと思う。僕もやりずらいけど、向こうもやりずらいんじゃないですか」と、この改良型特注道着を着ることで、海千山千のスミスといえど、かなりやりずらいんじゃないかと予測。スミスに道着を掴まれる前に、自分から仕掛けていくことで勝機を見出すようだ。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif