プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年06月11日

今年の武藤祭には中西のほかに、東国原知事、内舘牧子、金平会長も乱入!?

Posted by TEAM-angle at 00:00 / Category: 【プ】全日本プロレス / 0 TrackBack

080610_Muto-1.jpg 10日、後楽園ホールで行われた全日本プロレス『武藤祭』。武藤祭は毎年610(ムトー)の日に行われる恒例行事だが、今年もバラエティ色の強い試合あり、シリーズの流れを汲んだ熱い試合あり、企画モノあり。そんな全試合の詳細はバトル三昧をご覧下さい。
 メインはモノマネプロレス最強を称号であるF-1タッグ王座を賭けた一戦。王者チーム・武藤&神無月のW武藤に挑戦するのは、久しぶりに武藤親方に挑戦する曙&はなわのタッグ。はなわは武蔵丸親方のモノマネで登場し、武藤にチョンマゲのヅラを渡して相撲勝負を要求。一度目は見事武藤を投げ飛ばしたはなわだが、武藤からは物言い。仕方なくもう一番やることにしたのだが、何とはなわは武藤に塩攻撃!
 対する神無月も曙に井上陽水のモノマネを要求。するとアフロヅラ&サングラスをかけた曙は『小さな恋のメロディ』を熱唱! さらに曙は萩原流行のモノマネまでやってみせる。ならばと神無月が新庄のモノマネを披露すると、はなわが得意の松井のモノマネで対抗。なぜか武藤まで松井のモノマネをやらされたのだが、完成度の低さに納得いかないはなわは、東国原知事のモノマネで武藤を宮崎の名産で誘惑。そこに神無月が内舘牧子のモノマネで登場し、武藤を救出すると共に、曙には“横審攻撃”で精神的ダメージを与える!
 するとはなわがベースを持ち出し、この日のために作ってきたという『伝説の男~武藤敬司~』を熱唱! 武藤のびっくりエピソードが次々に暴露され、武藤はもう退場寸前! しかし調子に乗ったはなわは『伝説の男~曙太郎~』まで歌い始める。おとぼけエピソードを暴露され、激怒した曙ははなわを急襲! すかさず武藤が曙を蹴散らしている間に、神無月がシャイニング・ウィザードを叩き込み、はなわの上手投げをエビ固め(=相撲ルパッケージホールド)に切り返して3カウント。
 試合後、はなわは協栄ジムの金平会長に扮し、試合中の不祥事を詫びて各選手に処分を下した。神無月は8・7後楽園ホールで、モノマネ芸人を集めてモノマネプロレスを開催することを発表。武藤にコミッショナーとしての参加をお願いした。

080610_Muto-2.jpg 一般素人、芸人、子供、日テレのディレクターとバラエティに富んだ12名が参加して行われた第1回武藤敬司コンテスト。
 武藤自ら審査員となり、武藤の見た目のモノマネや、口まねなどを次々に披露していったのだが、「似ているのは嫌だ」という武藤はなかなか合格者を出さない。そんな中、3歳の女の子が登場! 見た目は武藤とは似ても似つかないカワイイ子供だが、リングに上がるなり見事なLOVEポーズを披露! 結局、12人中5人の合格者が出たのだが、観客の拍手の大きさで優勝者を決めたところ、ぶっちぎり3歳の女の子が優勝した!
 コンテストが終了した瞬間、「おい、誰か忘れてやせんか」という声と共に、何とハゲヅラ&付けヒゲをつけた中西学が乱入! 中西はその格好で「おう、チャンピオン、暢気なもんやのぉ。次期IWGPヘビー級王座挑戦者の中西学が、わざわざ来てやったぞ」と言い放つが、武藤は「まだ決まってねぇじゃん」と苦笑い。すると中西は「そんなもの後藤(洋央紀)をぶっ倒して、お前からベルトを取り戻すに決まっとるやろが!」と吐き捨てて去っていった。

080610_Muto-3.jpg 度重なる愚連隊からのおちょくりに堪忍袋のをが切れたエル・サムライは、マスクを取って素顔の松田納となり西村とタッグを結成。さらに新日本時代の先輩、木戸も招聘して“オサム軍団”を結成!
 紺のショートタイツに黒いシューズで登場した松田に対し、論外はサムライマスクを咥えて挑発。またしても愚連隊の連係攻撃に捕まり、おちょくられた松田だが、西村と木戸がクラシカルな攻撃で徐々に愚連隊を追い詰める。
 そして木戸がTAKEMURAをワキ固めに捕らえ、西村がMAZADAを逆さ押さえ込みに丸め込んでいる間に、松田が論外にリバースDDTを決めようとしたのだが、ここで論外は逆に松田を丸め込む。以前同じ手で敗れている松田は、これをキドクラッチならぬサムライクラッチで丸め込んで3カウント。
 見事サムライマスクを取り戻した松田は、再びマスクを被ると「こんばんは、松田納です。次のシリーズ、大阪で土方に挑戦します。チャンピオンになれるよう、応援よろしくお願いします」と、お馴染みに“しゃがれ声”でマイクアピール。

080610_Muto-4.jpg チャンカーを制し、三冠王者にもなった諏訪魔だが、プレッシャーからか西村にまさかの3連敗。大阪での西村との三冠戦の前に自らを鍛え直すため、この日はT28、真田、征矢を相手に3人掛けマッチを行うことに。
 1番手のT28はスピーディーかつトリッキーな動きに翻弄される場面こそあったが、T28のウラカンの回転を止めた諏訪魔はそこからパワーボムで叩き付け、最後は逆エビで勝利。2人目の真田は執拗なまえのハンマーロックと、得意のドロップキックでガンガンと攻めていく。しかし場外戦で真田の腹部を鉄柵に叩き付けていった諏訪魔は、厳しいボディ責めで追い込む。
 だが、トドメのラストライドを間一髪逃れた真田は、ローリングクレイドル、ジャンピングエルボー、ドラゴンスープレックスで勝負に出る。だが、真田のブレーンバスターを垂直落下式DDTに切り返した諏訪魔は、必殺のバックドロップで叩き付けて2人抜き。
 3人目の征矢は諏訪魔を休ませず、一気呵成に攻め込み、強烈な張り手をお見舞い。それまで征矢の攻撃を受け止めていた諏訪魔だが、この張り手でブチ切れて往復ビンタを返すと、怒濤のストンピング! さらに場外で鉄柵攻撃を見舞うと、リングに戻ってジャンボ鶴田ばりの拷問コブラ。征矢も朦朧としながらもブルドッキングヘッドロックやバックドロップで反撃するが、諏訪魔もバックドロップ。しかも敢えてフォールにはいかず、ローリングラリアットからの正調ラリアットを叩き込んでから押さえ込む。だが、征矢はカウント2でキックアウト! すると諏訪魔はロープに走り、渾身のラリアットを叩き込んでいき、ようやく征矢を沈めた。
 若手3人の健闘も十分目立ったが、諏訪魔もジャンボ鶴田がかつて超世代軍を苦しめたときのような、厳しくも力強い攻撃を見せ、三冠戦を前に“強い諏訪魔”を取り戻したように見えた。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif