プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年06月12日

“BLACK”ハルクが神田を処刑!Rハザードがなにわ式で、WORLD-1に辛勝!

Posted by TEAM-angle at 23:29 / Category: 【プ】DRAGON GATE・武勇伝 / 0 TrackBack

080612_DragonGate-1.jpg 12日、後楽園ホールで行われたDRAGON GATE『THE GATE OF MAXIMUM』。リハビリマッチを行うはずだったCIMAが、頸椎ヘルニア及び亜脱臼の悪化によるドクターストップで急遽欠場になるという緊急事態な上、事件の連続だったこの大会の詳細はバトル三昧でご覧下さい。
 この日が後楽園初登場となった新ユニット『WORLD-1』。メインでWORLD-1vsリアル・ハザードのなにわ式イリミネーションマッチによる全面対決が控える中、その前にハルクvs神田の遺恨決着戦がラインナップ。神田はハルクのダンス時を狙ってブルーボックスを手に身構えていると、何と背後から黒ずくめのハルクが神田を急襲!
 金髪を黒髪に染め、黒いパンタロンに、黒いロングコート、さらに腕には包帯&ビジュアル系バンドのようなメイクまで施した“BLACKハルク”は、神田からブルーボックスを取り上げて殴打し、場外戦に雪崩れ込む。そして神田を大流血に追い込んだハルクは、蹴りの連打からE.V.O.→F.T.X.の連続技で神田を処刑! BLACKハルクはそのまま無言で立ち去り、神田は肩を担がれて退場と、予想外に一方的な試合となった。

080612_DragonGate-2.jpg メインのWORLD-1vsリアル・ハザードのなにわ式イリミネーションマッチは、抽選の結果リアル・ハザードの先攻。鷹木→谷嵜→サイバー→KZ→堀口→吉野→Gamma→土井の順に入場し、この時点では退場者なし。そのままオーバー・ザ・トップルールが採用されるイリミネーションマッチに突入。
 激しい場外乱闘やGammaの生卵&汚水攻撃と大荒れの展開の中、メキシコ帰りのKZが狙われる。しかし堀口を踏み台にしてGammaにB-BOYを決めると、吉野のミサイルキック→谷嵜のカサノヴァ→KZのKZ.time。そして堀口を丸め込んで、WORLD-1に貴重な1勝目をあげた。
 その後KZは鷹木もあと一歩のところまで追い込んだが、丸め込み技で敗退。逆に吉野がサイバーをスピードスターで押さえ込んで3カウント。谷嵜は上田馬之助ばりに鷹木とオーバー・ザ・トップルールで心中を試みたが、セコンドのYAMATOらが阻止。逆にエプロンで鷹木がラストファルコニーを決めて、谷嵜のみが場外に転落し失格に。
 吉野がGammaにトルベジーノからソル・ナシエンテを狙っていったが、すでに退場になっている堀口が乱入してイス攻撃。Gammaはそのまま丸め込んでいき、吉野は退場に。WORLD-1残り1人となった土井だが、今度は吉野がプロテインパウダー攻撃でアシストし、ガンマスペシャルを狙ったGammaを丸め込んで3カウント。これで土井と鷹木の一騎打ちとなる。
 土井はDOI555→バカタレスライディング、さらにマスキュラー・ボムを狙ったが、鷹木はこれをMADE IN JAPANに切り返す。これをカウント2で返し、続く雪崩式ラストファルコンリーからのパンピングボンバーもV9クラッチで切り返した土井だが、鷹木はブラッド・フォール→パンピングボンバーでついに土井を沈めた。この結果、リアル・ハザードが1人残りで勝利!
 試合後、Gammaは土井に向かって「いつでもシングルでやってやるよ」と余裕の挑発。土井は「今から延長戦や!」とすぐにでもシングル戦を要求するが、Gammaは“勝ち逃げ”しバックステージへ。しかし土井が締めようとした瞬間、またリングに乱入して土井を襲撃! 土井も暴走エルボーで返り討ちにしたが、どうやら試合中アゴに大きなダメージを負ってしまったようだ。

080612_DragonGate-3.jpg CIMAの緊急欠場により、“ハリウッド”ストーカー市川が挨拶をしていると、試合をブチ壊すためのYAMATOが乱入! だが、いくらCIMAは呼んでもCIMAは現れない。スト市が「だから首の状態が悪くて来られねぇって言ってるだろ!」と言うと、YAMATOは「せっかく出てきて手ぶらで帰るのも何だから、CIMAみたいなにガラクタにしてやるよ!」と言って、スト市に襲い掛かる!
 すると、何とスト市がブチ切れてハンマーで逆襲! さらに鮮やかなバックドロップで叩き付けていったスト市は「デビューして1年足らずのお前に何が分かるんだよ。お前みたいな奴こそケガすればいいんだよ。本当に頭きたから、俺がオメーをやっつけてやるよ! ケガさせてやる。来月だ、来月俺とシングルやるぞ! ここ後楽園だよ!」と、何とYAMATOに対してシングル戦を要求。「本気で言ってんだな? お笑いじゃねぇんだな?」と確認したYAMATOは、7・10後楽園大会でスト市とのシングル戦を受諾した。
 そのYAMATOはこの日、薄ら笑いを浮かべながら望月とシングルで激突。トライアングルゲートで敗れている望月は、コーナーのマットを外すほどエキサイト。しかしYAMATOもヒール転向後得意にしている関節技を駆使し、望月と互角の勝負を展開。
 望月がミドルキックの連打を叩き込むと、YAMATOは「モッチー、気持ちいいよ」と笑みを浮かべながら挑発。さらに一角蹴りをかわして金具に誤爆させ、ギャラリアで叩き付けていったが、望月はカウント1でキックアウト。さらにYAMATOの三角絞めを持ち上げて逃れると、左右のハイキックから、倒れたYAMATOの髪の毛を掴んで引き上げると、グーパンチを叩き込んでから3カウント。

080612_DragonGate-4.jpg 元NEW HAZARDの忍を転校生に加えた戸澤塾と、タイフーンが6人タッグで熱戦を繰り広げたあと、東京愚連隊が乱入! ツインゲート王者のリョウスカを付け狙う愚連隊は、「テメーらとここの客、みんな死ねばいいのに。タッグで1番の俺たちがツインゲートやってやってもいいんだぜ」と発言。
 すると横で聞いていたアラケンが「軽々しくツインゲートを口に出しやがって!」と激怒し、NOSAWA&MAZADAに対し、新岩との次期挑戦者決定戦を要求。八木本部長もこれを認め、7・10後楽園大会でこの一戦が決定。
 っして愚連隊が引き上げようとすると、突如アンソニーが背後からTAKEMURAを急襲し、、「ちょっと待て、不良ども! このドラゴンゲートのリングは、お前みたいな不良が上がっていいリングじゃないんだよ!」と吐き捨てる。思わぬ襲撃を受けたTAKEMURAは「何だ、このおしゃべりクソ王子! 俺とやりたいのか? ぶっ殺してやるよ」と言い返し、両者のシングル戦も7・10後楽園大会で行われることになった。引き上げる際、NOSAWAはタイフーンの3人をケータイのカメラで撮影していった……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif