プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年07月07日

流血の中西に場内から大☆中西コール!ヘビー級の井上を永田が高評価!

Posted by TEAM-angle at 00:00 / Category: 【プ】新日本プロレス / 0 TrackBack

 6日、後楽園ホールで行われた新日本プロレス『NEW JAPAN TRILL』。後楽園3連戦の初日の今大会の全試合の詳細&試合後のコメントはバトル三昧をご覧下さい。
 この日のメインは後藤を下して武藤の持つIWGPヘビー級王座挑戦が決まっている中西に対し、「潰してシリーズに出られないようにすればいいんだろ?」と横槍を入れた真壁の一騎打ち。場内には真壁の応援団も駆けつけ、“刀義団”と書かれたノボリの中、GBHの面々を引き連れて入場した真壁は、いきなり奇襲攻撃!
 そして矢野の介入、チェーン攻撃、鉄柱攻撃で中西の額を叩き割った真壁は、エプロンでチェーンを使っての絞死刑に。中西の流血というのも珍しく、ここまでは防戦一方の中西。だが、再三投げ飛ばされたりした海野レフェリーも大激怒し、セコンドのGBHに「帰れ!」と一喝。
 ようやく中西も反撃に転じ、真壁をコーナーに乗せていくと、トップロープから豪快な雪崩式ブレーンバスター。だが、真壁も中西をコーナーに乗せると、中西の巨体をスパイダージャーマンで投げていみ、舌を出してニヤリ。そしてトドメのチェーンラリアットを狙った真壁だが、中西はカウンターの正面飛びドロップキックで迎撃! さらにプランチャ、ミサイルキックと暴れ出した中西は、豪快な大☆中西ジャーマンを決めて激勝! 場内は大☆中西コールに包まれた。

 8日の後楽園大会で一度は流れた一騎打ちを仕切り直す永田と後藤(永田急病のため)。この日の前哨戦では、永田がヘビー級に転向したばりの井上と組み、後藤が最近体重を絞ってきた中邑とタッグを組んで激突。体もひと回り大きくなり、髪の毛を茶髪の短髪にし、ジュニア時代のパンタロンを捨てて、白にオレンジのアクセントが入った腿まであるショートタイツ姿にイメチェンした井上は、若干捕まってしまう場面も。
 そこに永田が救出のためにリングインすると、中邑が永田にエルボーを叩き込んで場外に放り投げる。この行為に永田は鉄柵を蹴っ飛ばして怒りを露わに。井上からタッチを受けた永田は、怒りの形相でミサイルキック、垂直落下式ブレーンバスターを連発! 後藤も一騎打ちを間近に控え、引くわけにはいかず渾身のエルボーで応戦し、両者ダウン状態に。
 続いてタッチを受けた中邑と井上がぶつかり合うと、井上がスピアからのスタガリンブロー。さらに中邑のラリアットを切り返してトライアングル・ランサーを決める。これを回転して逃れた中邑は、キレのある飛び付き腕十字で反撃。再び永田がカットに入ってくるが、後藤が永田を場外に放り出すと、中邑&後藤は井上にサンドイッチラリアットからの合体フィッシャーマンバスター(キン肉バスター?)。そして中邑がランドスライドを決めて井上に勝利。試合後、前哨戦で敗れたものの永田は「スタイルに悩んで苦労してた井上が余計なものを脱ぎ去って、髪を切り、すごく頼もしい。余計なものを脱ぎ捨てて素に戻ったら、さらによくなった」とヘビー級に転向した井上を評価した。

 マシン&越中&平澤とタッグを組んだ天山と対戦するのは、“GBH選抜チーム”。8日の後楽園大会で飯塚とランバージャック・デスマッチで激突する天山だが、何とGBH側が出してきたのは邪道&外道&本間&石井の4人。当然天山は「飯塚を出せや!」と訴えるが、そのまま試合開始。
 GBHはコーナーの越中や天山を挑発しながら、平澤を捕まえて集中攻撃。だが、平澤がスピアで反撃に転じた瞬間、8選手が入り乱れての場外戦へ。すると、そこに腕を吊った飯塚が乱入! その間にリング上では本間がラリアットで平澤を沈めていたのだが、天山は脇目もふらず飯塚に襲い掛かっていく。モンゴリアンチョップを叩き込んでいった天山だったが、外道らが凶器を使って飯塚を救出。
 すかさず飯塚は吊りバンドを取り、天山にアイアン・フィンガー・フロム・ヘルでの地獄突き! さらに魔性のスローパーで失神させると、そのままGBHで天山を袋叩きに。ピクリとも動かなくなった天山は結局担架で運ばれて退場。飯塚との遺恨決着戦を前に、暗雲が立ちこめる形となってしまった。

 IWGPジュニアヘビー級王者決定トーナメントは2回戦に突入。デヴィットが裕次郎を、金本がジミー・レイヴをそれぞれ撃破。そしてAKIRAがムササビプレス2連発で、IWGPジュニアタッグ王者のパートナーであるライガーから勝利。そしてタイガーvs田口では、場外でどどんを狙った田口に対し、リングを蹴って鉄柵に叩き付けることで回避したタイガーが、場外でタイガースープレックス。
 この厳しい攻撃を食らった田口はカウント20以内にリングに戻ることが出来ず、タイガーがリングアウトで勝利。試合後、珍しくマイクを掴んだタイガーは「このトーナメント、スーパージュニアと何ら変わらず厳しい試合をしたいと思います。田口がやったように目には目を歯には歯を。どんな手を使ってでも俺はベルトを獲る!」と優勝宣言。この結果、準決勝では金本vsデヴィット、AKIRAvsタイガーという組み合わせになった。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif