プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年08月23日

ライト級ベルトを目の前にした五味は「見ると欲しくなる。新しいベルトはいいね」

Posted by TEAM-angle at 16:32 / Category: 【格】SRC・戦極 / 0 TrackBack

080823_Sengoku4-1.jpg 23日、都内のホテルで『戦極~第四陣~』(24日、さいたまスーパーアリーナ)の前日会見が行われた。会見の詳細はナイガイモバイル☆バトルをご覧下さい。
 明日の大会は五味への挑戦権を懸けたライト級GP1回戦が行われるが、メインは戦極ライト級のエースである五味隆典が現DEEPライト級王者のハン・スーファンと激突する。吉田でもジョシュでも三崎でもなく、たまアリでのビッグマッチのメインを任された五味は「今後メインをやれるチャンスっていうのは、明日の試合でだいぶ決まってくると思う。しっかりしたいい試合をやらないと、メインをやるチャンスはなくなってくる。自分の試合(終了)のゴングが鳴った瞬間に、戦極第四陣のすべてが終了なので、力を全部出して切っていい試合をしたい」と、さすがにプレッシャーを感じている様子。
 昨日、北京五輪で行われた野球では、日本(星野JAPAN)が韓国に敗れたが、ある意味韓国にリベンジする役目となった五味は、「どうかな?(笑)それよりも今回レスリングでも、ソフトボールでも、かなり日本人がメダルを獲ったので、日本人が強いってところを見せたいですね」と苦笑い。

080823_Sengoku4-2.jpg GP優勝者を待ち受ける立場の五味だが、「まず明日(自分が)スーファン選手に負けたらベルトの争いに加われないですから、勝って指名試合を受けるという心境ですね」と、せっかく優勝者が五味に挑戦できるというシステムなのだから、やはりその前のワンマッチで負けるわけにはいかない! また、会見前に行われた公開計量を見ていた五味は、「外国人はやっぱり体が大きくて強そうなだし、大きなイベントに強いっていうのもあるんで、日本人選手は踏ん張りどころですね」とGPに出場する日本人選手にエールを贈った。
 そして会見後の囲み取材の際、近くにあったライト級のベルトを見て「兜(がモチーフ)になってるんですねぇ。見ると欲しくなりますね。前のベルトは家の廊下の測りの横に無造作に置いてありますね(笑)。今日、ジムの子が入ってきたときビックリしたんじゃないかな。やっぱり新しいベルトはいいですね。まぁ1つの目標に向かって、みんなで頑張るというのは素晴らしいこと。ブームのときのような、当たり前のようにテレビとかはないけど、内容で勝負できる大会になるといいですね。こんなスゴイ試合やっているんだっていう内容になると、いろいろなところが注目すると思うんで。各選手、リングの上を大事にやればいいんじゃないですかね。また、それだけのメンバーが揃っていると思うし、対戦カードもいいのが出ていると思うので、ちょっとメインで爆発的な試合がしたいですね」と、何と恐らくPRIDEライト級と思われるベルトは、五味の中ではすっかり“過去のもの”になっているようで、やはり新しい戦極のベルトに興味津々といった様子。

080823_Sengoku4-3.jpg また、ライト級GP出場者は試合の前にまず“計量”という関門があったが、北岡は入念に体中に汗を拭き、パンツまで脱いで計量に挑み、リミットの70.0kgで辛うじてクリア。スキップして喜んだり、会見中にカステラを頬張ったり、水を次々と飲み干す姿を見ても、よほど減量が苦しかったことが伺えた。
 GP出場者ではないが、ライト級のスーファンもリミットギリギリの70.0kgでクリアしたが、本人は「減量は2~3kg落とした程度なので、とくに問題はない」と涼しい顔。一方、69.9kgでクリアした五味は「最後はサウナで5~10分くらい落としたけど、夏場の減量っていうのはキツイですね。まぁ水分摂らないっていう、本当の減量は1~2日くらい。でも減量はいつやってもキツイですね(苦笑)」と漏らした。
 さらに五味は都内では練習に集中できなかったり、暑さがあったりで、「ストレスが限界ですね。早く終わらせて夏にできなかったことをやりたいですね。自然に触れたいですね。海でも行って」と早く試合で爆発して、その後の“癒し”を楽しみにしているようだった。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif