プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年10月26日

三四郎がディーノに男色殺法!PIZAみちのく、変態団が何かって?それはぁ~

Posted by TEAM-angle at 22:28 / Category: 【プ】DDT・マッスル / 0 TrackBack

081026_DDT-1.jpg 26日、新宿FACEで行われたDDT『Day Dream Believer 2008』。全試合の詳細や試合後のコメントはナイガイモバイル☆バトルをご覧下さい。
 あのディック東郷を破り、KO-D無差別級&エクストリーム王座の二冠王となった高木三四郎大社長。この日のメインでは、ディーノを相手にKO-D無差別級王座の初防衛戦を行った。珍しくシリアスに入場してきたディーノは奇襲攻撃を仕掛けていったが、三四郎はすぐさま返り討ちにして場外戦へと展開。ハードコアマッチのように場外を徘徊していく両者だが、ディーノも三四郎の左腕に狙いを定めて反撃開始。
 アームロックでグイグイと絞め上げていったディーノだが、このピンチを脱した三四郎は何と掟破りの逆ファイト一発!をお見舞い。さらにタイツを脱いでTバック姿となり、男色ナイトメアー! 先に男色殺法をやられたディーノだが、本家の意地で男色殺法をお返し。そこから両者はファイト一発!の応酬に。辛うじて男色ドライバーだけは食らうまいと、相手のタイツの中に頭を入れてしまうのだけは堪えた両者だが、最後に男色ドライバーを決めたのはディーノのほう。
 さらにリップロックからもう一度男色ドライバーを狙うディーノを、強引にデスバレーボムで叩き付けていった三四郎だが、そのまま両者ダウン! 朦朧としながらも両者何とか立ち上がったが、三四郎は松井レフェリーにスタナーを誤爆。そのまま試合は泥沼化していったが、最後は紙一重のところで三四郎がクローズラインからのSHBを決めて3カウント。辛くも初防衛に成功した。

081026_DDT-2.jpg 試合後、セミでスーサイドノーイズを破り、KO-Dタッグ王座を奪取した大鷲&HARASHIMAのディザスターボックスが登場。タッグ王座奪取直後にメインで勝ったほうに挑戦すると公言していたHARASHIMAだが、三四郎が「何で来たんだ?」と問いかけると、「何で?」の部分にHARASHIMAが敏感に反応! マイクを奪い取って“例の決めゼリフ”を叫ぼうとするが、大鷲が必死で食い止める。
 気を取り直して改めて三四郎に向かって「防衛おめでとう。次、そのベルトに挑戦させてくれ、いや挑戦させろ!」と言ったHARASHIMA。三四郎が「何で上から目線なんだ?」と言うと、またしても「何で?」に反応するHARASHIMA。そしてまた止める大鷲。D-BOXがそんな天丼をしているのを尻目に三四郎は、「先に挑戦表明した奴がいるんだよ。おい、そいつ、出てこいや!」とある男を呼び入れる。
 そこに現れたのはユニオンプロレスの石川修司。石川は「ユニオンを盛り上げたいのと、ユニオンにはベルトがないので、それ欲しい。それに昼のハードヒットであのHARASHIMA選手に勝ってます」と主張。それを聞いた三四郎はまず石川の挑戦を受けることを宣言。しかもユニオンを盛り上げたいということなので、11・16ユニオン北千住大会で防衛戦を行うという。
 石川の願いを叶えた三四郎は「でもお前の要求ばっかり通ると思うなよ。次は俺の要求だ。俺様とお前が組んでコイツらのタッグベルトに挑戦するぞ!」と、DDT&ユニオンのトップコンビでD-BOXのKO-Dタッグ王座挑戦を表明。三四郎に甘い言葉を囁かれ、石川も「俺、やりますよ~」としたり顔。それを見た大鷲が「本当に大人げない奴だな」と漏らす中、HARASHIMAが「やっれやるよ! なぜかって?」と決めゼリフを叫ぼうとするが、三四郎が阻止して「俺はそういう締め方が大嫌いだ!」と一喝し、ファイアーポーズで締めようとする。
 しかし、今度は石川が阻止して自分が締めようとする。すると、今度は大鷲が阻止し、締めようとする……が、締めの決めゼリフがないことに気付いてorz。すかさずHARASHIMAがマイクを奪い取り、「なぜかって? それは鍛えているからだー!」と気持ちよさそうに、決めゼリフを叫んで締めてみせた。

081026_DDT-3.jpg まさかの復活を遂げたイタリアン4ホースメン。トーゴー&アントンにササキアンドガッパーナを加え、この日最後の4人目がお披露目されることに。試合前に反乱軍の高梨が「来るのはどうせカレーの神様に似た奴だろ?」と、ダークマッチ(※残念ながら主催者の要望により、詳細をお伝えすることは出来ません)に登場した、“カレーの神様”に似た奴がイタリア軍の4人目だと予想。「図星だ~!」とアッサリ認めたアントンが4人目のメンバーを呼び込む。
 そこに現れたのは三和……ではなく、何とTAKAみちのく! ……ではなく、花柄のダブルショルダーに白いパンタロン、前髪をイタリアカラーに染めた、その名もPIZAみちのくだった! 超強力な新メンバーを加えたイタリア軍は抜群の連携を披露。4人で高梨の首と足へ4の字+左右の腕へ腕十字を決めていくと、レフェリーが反則カウントをカウント。しかしカウント4のところで、4人揃って「フォー!」。
 反乱軍はリーダーの高梨が長いこと捕まっていたが、どうにか脱出して反撃開始。だが、流れが反乱軍に傾きかけたところで、アントンがイタリアンパウダー攻撃をお見舞い。そして安部に狙いを定めたイタリア軍は、4人でトラースキックを叩き込むと、最後はトーゴーとアントンのイタリアン・インパクトで勝利。
 しかし、試合後にヤス・ウラノが登場し、イタリア軍を急襲! すぐさま4人がかりで返り討ちにされてしまったが、高梨は「おいPIZA、お前顔色が変わったな。この反乱軍に様々な団体を渡り歩いた元祖反乱軍のヤス・ウラノを加えて、もう1回やってやるよ!」と、ヤスを見て顔色を変えたPIZAに向かってしたり顔で言ってのけた。ヤスといえば元K-DOJOだが、PIZAとの関係は……
 なお、この試合に反乱軍の一員として出場する予定だった飯伏は、昼間のハードヒットで左肩のケガを悪化させたため欠場となった。

081026_DDT-4.jpg ついに合体してしまった蛇界転生とヌルヌルブラザース。新ユニット蛇ヌルBros.として試練の一番勝負に挑むことになったのだが、初戦にして最終戦の相手は伝説のユニットであるミスター雁之助&ミスター岩之助&ミスター厳之助の雁ズ。
 雁ズは体格こそ違うが、見た目はまさしく3人のミスター雁之助! その特徴を活かして(?)ダチョウ倶楽部やEXILEのネタを織り交ぜながら抜群の連携を見せる雁ズを相手にし、蛇ヌルはいきなりの大苦戦。だが、雁之助と激しいエルボー合戦を展開していたマイケルが「火照ってきたぜ~」と言いながらタイツを脱ぎ捨ててTバック姿になると、突然「雁之助さん、18年間のレスラー生活お疲れ様でした!」と感謝の言葉と雁之助興行の宣伝をして深々と頭を下げる!
 マイケルの突然の行動に困惑気味の雁之助に対し、マイケルはすかさず急襲。しかしカウンターのラリアットを叩き込み、雁ズでスーパーパワーボムを決めていった雁之助は、必殺のファイアーサンダーでマイケルにトドメを刺した。
 大事な蛇ヌルの初戦で敗れたマイケルは「ヌルヌルとか、蛇界とか、呪文とか、そんなんじゃもう勝てないんだよ! お前らが俺の潜在変態能力を活かし切れていないんだよ! 俺の更なる変態能力を高めるためにある人を呼んである」と言って、何者かを呼び入れる。
 そこに現れたのは昼間のハードヒットで長井満也と対戦した佐藤光留! ネコ耳+メイド服で登場した佐藤は天山を呼ぶ小島ばりに「マイケル、マイケル、マイケルッ!」と呼ぶと、まるで友情ストーリーを始めるかのように、マイケルとの共闘を宣言。そしてマイケルはこの新ユニットの名称を“変態団”と発表! あまりにマイケルの独走状態の展開に観客がドン引きの中、佐藤とマイケルは「俺たち同じ臭いがするから分かり合えるよぉ」と言いながら、お互いの臭いを嗅ぎ合い、最後は全日本プロレスのF4ばりに「俺たち変態団!」と叫んでポーズを決めてみせた。

 なお、この日のダークマッチで久しぶりに試合(?)をした猪熊裕介が、「DDTとしてはドロップキックに続く“飲み物屋さん”の第2弾」となるカレー屋(※店名は近日発表)を、東京都中野区に11月28日(※カレーの神様の誕生日!)オープンさせることを発表した。現在バイト(※おいしい賄い付き)も募集中とのこと。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif