プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2008年11月11日

女性のためのプロレス『BOYS』が旗揚げ!会場は圧倒的に女性客で埋まった

Posted by TEAM-angle at 22:47 / Category: 【プ】DDT・マッスル / 0 TrackBack

081111_Boys1-1.jpg 11日、新木場1stRINGで行われた、DDTが女性向けに始めた新プロジェクト『BOYS1』。注目の旗揚げ戦の詳細はナイガイモバイル☆バトルでご覧下さい。
 女性のためということで、イケメンレスラーを揃え、何と第1回大会は“女性は無料”という大盤振る舞いで行われたBOYS。主催者発表では男性45人、女性240人という、プロレス会場ではあまり見られない圧倒的に女性客が多いという珍しい光景が見られた。そのオープニングで登場したのが、紋付き袴を着たディーノ……ではなく、BOYS塾長のジャニー江田島氏!
 何でも江田島塾長が「見たかったから」という理由でBOYSを立ち上げたとのこと。そのリクエストに応えるように、選手たちは“テニプリ”こと『テニスの王子様』のコスプレ姿で登場。しかも、普段は寡黙なKUDOや、普段は熱く「鍛えているからだー!」と叫んでいるHARASHIMAも爽やかに挨拶し、早くも女性客からは黄色い歓声が飛んだ。

081111_Boys1-2.jpg 現在、飯伏が負傷欠場中ということもあり、BOYS旗揚げ戦のメインは騎士風のシルバーのコスチュームを新調したHARASHIMAと、来年からはフリーになるK-DOJOの円華が務めた。終始、お互いに黄色い声援が飛ぶ中で、試合はどちらかというとハードヒット。蹴りやエルボーをお互いにガンガン打ち合い、円華はHARASHIMAの左腕を狙い、HARASHIMAは円華の左ヒザを狙うという展開に。
 そして15分が過ぎた辺りから、HARASHIMAがファルコンアロー→リバースフランケン→蒼魔刀という必殺フルコースを繰り出していったが、蒼魔刀をジャンピングキックで迎撃した円華は、ミドルキックの打ちからコーナーに登ったHARASHIMAを追いかけていって雪崩式ブレーンバスター。だが、HARASHIMAは今度は山折り→蒼魔刀。
 これもかわしてコーナーに自爆させた円華はドラゴンスープレックスを決めるが、カウントは2。必殺のランヒュイを踏ん張ったHARASHIMAは、カウンターのジャンピングキックを叩き込み、山折りの体勢からファルコンアローを決めていったが、ここでタイムアップ! 20分時間切れ引き分けに終わった。

 試合後、リングに上がったジャニー江田島塾長は「1回目でそんないい試合をしてくれるとは思わなかった。でもBOYSはまだ完成型じゃないの。料金設定も含めて、これからみんなで作っていこうよってことなの」というと、いずれBOYSの中でHARASHIMAvs円華の再戦を組むことを約束。さらに唐突に「HARASHIMA君、キミ歌が得意らしいわね?」とムチャブリをし、BOYS名物として歌を歌うコーナーを発表した。戸惑いを見せたHARASHIMAだったが、照れながらも加山雄三の歌を歌ってみせ、女性ファンからの声援を浴びた。
 なお、この歌のコーナーは今後のBOYSでも続くそうだが、歌い手はHARASHIMAに限らず、抜き打ちで決めていくとのこと。最後は塾長の「ワシがBOYS塾長のジャニー江田島である!」というお言葉で締め。そして大会終了後には、1000円払うとテニプリの恰好をした全選手と、リング上で記念撮影が出来るという特典が行われたのだが、これに大勢の女性ファンが参加! 女性ファンは1人ずつ写真が撮れるということもあり、皆嬉しそうだった。

081111_Boys1-3.jpg HARASHIMAや円華、DEPの正岡大介あたりが人気の高かった選手だが、BOYSとは対極にあるメンズクラブでも大活躍しているK-DOJOの大石真翔が爽やかに登場すると、さすがに元がイケメンだけに大きな声援が飛んだ。江田島塾長も思わず「その方向でいいと思う」と漏らしたほどだが、試合でも高梨相手に真面目にいい試合をしてみせた。
 大石への声援の多さに機嫌を損ねた高梨は、場外に大石を引きずり込むと鉄柱攻撃! そしてハッスルでの坂田亘ばりに「俺がBOYSだー!」と絶叫。だが、リングに戻った大石はトリッキーかつスピーディーな動きで形勢を逆転すると、絶品!からのランニングエルボーでなぎ倒し、テイオー譲りのミラクルエクスタシーを狙う。
 だが、これを逃れた高梨はジャンピングキックからのトラースキックを叩き込み、逆に必殺のタカタニック狙い。しかし、これを逃れた大石が今度こそミラクルエクスタシーで高梨を叩き付けて3カウント。試合後はお互いの健闘を称え合い、爽やかにリングを降りた。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif