プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2009年01月05日

満員になった新春ドームで棚橋が武藤超え!「愛するばかりじゃなく愛されたい」

Posted by TEAM-angle at 00:00 / Category: 【プ】新日本プロレス / 0 TrackBack

 4日、東京ドームで行われた新日本プロレス『レッスルキングダムIII in 東京ドーム』。全試合の詳細、試合後のコメントはバトル三昧をご覧ください。
 前日になって天山の欠場(網膜剥離により)が発表され、その結果テンコジの出場が消滅。目玉の1つだったIWGPタッグ戦ハードコアルール3WAYマッチは、IWGPタッグ戦ハードコアルールのタッグマッチへと変更になってしまった。その結果、真壁&矢野がチーム3Dに敗れ、IWGPタッグ王座がTNAに流出! さらにNO LIMITもモーターシティ・マシンガンズに敗れ、IWGPジュニアタッグ王座もTNAに流出! 何とかタイガーマスクがロウ・キーを破り、IWGPジュニア王座は奪還したが、メインで棚橋が敗れIWGPヘビーの王座も新日本に戻って来ないとなれば非常事態である。
 メインの煽りVで武藤が「アイツは俺の技をパクるけど、俺はアイツの技をパクらねぇよ。そこが俺の余裕だよ」と発言した映像が流れると、武藤ファンから拍手が起こる。その武藤は全日本のロゴとヤングライオン〜現在までの映像が流れるスクリーンをバックに、炎とスモークが上がる中をいつもの白いロングガウン姿でかっこよく入場。
 序盤は棚橋が武藤の左ヒザを集中攻撃していったのだが、途中から武藤も棚橋の右ヒザに通常、断崖式、鉄柵越し、ロープ越しの各種ドラゴンスクリューと低空ドロップキックを見舞っていく。棚橋のヒザを破壊した武藤は足4の字で仕留めにかかるが、棚橋は必死に堪えてロープに脱出。この日は計3回も足4の字を決めた武藤だったが、棚橋は何とか逃れることができた。

 しかし武藤はドラスクと低空ドロップキックで棚橋の足を止めると、後ろから前からシャイニング・ウィザードを叩き込む。棚橋も武藤のヒザの裏にタックルを見舞ったり、テキサス・クローバー・ホールドを狙ったりするのだが、デカくて重い武藤を試合時間20分経過した体力ではステップオーバーすることが出来ない。すると棚橋は武藤のシャイニング・ウィザードに対し、スリングブレイドを返していく作戦に出る。
 だが、試合後に「あそこであぁ俺のヒザ攻めが効いてるんだなと確信しました。いくら天才だって言っても、俺の攻撃が通用するんだなって」と語っていたように、この試合のターニングポイントになっていたのは、25分過ぎに武藤がシャイニング・ウィザードからエプロンに出て、ロープに飛び乗り、そこから棚橋のヒザに低空ミサイルキックを出そうとした瞬間。いつもの武藤なら軽く決めること場面で、武藤はヒザが痛んだのかそのまま転落!
 その後、どうにか持ち直した武藤だがネックスクリューから棚橋に向かって突進していくと、棚橋は武藤ばりのフランケンシュタイナー! さらに今度は棚橋がネックスクリュー! 試合後棚橋はこの行動に関して「とくに理由はないです。それだけ勝ちたかったんです」と語っていたが、試合前の煽りVで「アイツは俺の技をパクるけど、俺はアイツの技をパクらねぇよ。そこが俺の余裕だよ」と語っていた武藤に対し、その余裕を奪うくらい逆に徹底して技をパクっていった。
 ダルマ式ジャーマン、ドラゴンスープレックスと続けてヒザに痛みを堪えて投げていった棚橋は、スリングブレイドから一気にコーナーに駆け上がり、ハイフライフロー2連発! しかし2発目をかわした武藤は間髪入れずシャイニング・ウィザードを叩き込むと、一気にコーナーに昇っていって必殺のムーンサルトプレス! だが、一度立ち上がりかけた棚橋はギリギリにところで回転してかわしていく。これで自爆し倒れ込んだ武藤に対し、棚橋は再びハイフライフローを投下。そして隣のコーナーからもう一発ハイフライフローを投下し、ついに3カウントを奪った!

 見事にかつての師匠超えを達成し、ベルトを新日本に奪還した棚橋。試合後、アナウンサーから次なる挑戦者は誰かと訪ねられた棚橋は「真輔! 中邑真輔! 新日本のエースは1人でいんだよ! 次、お前だよ! 挑戦してこい!」と、セミで後藤とタッグを組み、ノアの三沢&杉浦と対抗戦らしいピリピリとしたムードの中、意地の張り合いが十分観客に伝わる試合をしてみせた中邑を指名。
 試合後、棚橋がインタビュースペースに現れた直後、そこに中邑が入ってきて棚橋からの指名を受諾。すると棚橋は「(中邑は)悔しいと思うよ。あれだけ武藤、武藤って言ってたのに、横から入って来た俺が獲っちゃったんだから」と語った上で、ここらで中邑とはキッチリ決着をつけるべきだと語った。
 さらに棚橋はこの日ナルシスポーズなどは出さず、シリアスモード全開で戦ったが、「今日の真面目なのも俺だし、いつもチャラけてるのも俺。どっちも本当の俺なんで、これからはそういうのを全部さらけ出す王者になりたい」と語った。そして「まぁ少なからず俺自身、好き嫌いが分かれる人間ってことは分かっているんで」と発言した上で、「愛してますって言ってますけど、愛するばっかりじゃなくって、みんなに愛されたいです。愛してください」とも。
 ただし、新しくなってからは初めて巻いたIWGPヘビー級のベルトだが、その感想を聞かれると、「俺に言わせるんですか? 俺が一番似合いますよ」と言って笑顔を見せた。
 なお、全日本プロレス社長でありながら、昨年1年IWGPヘビー級王者として新日本マットのビッグマッチに参戦し、大いに盛り上げてきた武藤は「アイツ(棚橋)にバトンタッチしたから。あとはアイツだ。ただひとつ言えるのは、アイツらよく『新日本を守ったのは俺だ』とか言ってるけど、守ってないから俺が呼ばれるわけであってよ。それを自覚してもらわなきゃ困るよな。もう俺が呼ばれないようにしてくれよ。……とか言って、また10年後のドームに出ているかもしれないけどね」と語り、ひとまずこれにて新日本参戦にひと区切りといった感じだった。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif