プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2009年01月28日

アスリート集団メンズクラブが試合で魅せる!飯伏は師匠への接待を無視するKYぶり

Posted by TEAM-angle at 22:08 / Category: 【プ】その他のプロレス / 0 TrackBack

090128_MensClub-1.jpg 28日、新宿FACEで開催されたメンズクラブ興行『New Men's Club “Men'sClubへの道”』。SUPER ATHLETE TEAMとなったメンズクラブがついに開催した今大会の詳細は、ナイガイモバイル☆バトルをご覧ください。
 大会前、大日本プロレスの登坂栄児統括部長が「数年前まで大日本はデスマッチの団体というイメージが強かったと思いますが、興行としてはいろいろなイメージを広げたいということで、MEN'Sテイオー選手に相談しました」とメンズクラブが生まれたキッカケを説明。
 いまや大日本の中でも確固たるポジションを築きつつメンズクラブ。それだけに登坂統括部長はかなり前からテイオーにメンズクラブ単体で興行をやってくれと打診していたとのことだが、テイオーはなかなか重い腰を上げなかったという。そこで登坂統括本部長は、ほかのメンズクラブメンバーと結託してメンズクラブ興行開催を画策。最終的にメンバーが作った御輿に、テイオーが乗ることを承諾し、晴れてメンズクラブ興行が開催されることになった。
 ところが、メインに登場したテイオーに対して、8選手中一番紙テープが飛ばないという主役にあるまじき非常事態が発生! 試合後もそのことを気にしていたテイオーに向かって大石が「第2回メンズクラブ興行の会場を抑えました! 4月15日、ここ新宿FACEです!」とまたも御輿を担ぐことを宣言。インタビュースペースに戻ってきたテイオーは「今日だって背中にブロック注射打ってやっているのに、4月もやったら引退する覚悟でやらないとダメだよ」と弱音を吐いたテイオーだが、ほかのメンバーは「師匠〜、そんなこと言わずに頑張りましょうよぉ〜」と励ましながら盛り立てたのであった。

090128_MensClub-2.jpg メインはメンズクラブの最強・最高のタッグを決める4WAYタッグマッチ。前UWA世界タッグ王者のオースギ&千賀のSOS、DDTマットを中心に好タッグを見せている飯伏&円華、現K-DOJOタッグ王者の大石&旭、そしてみちのくふたり旅2008で優勝したテイオー&忍の師弟タッグの4チームが出場。
 4WAYで、しかもタッグという非常に複雑な試合となったが、各チーム持ち前のスピードと連係を駆使し、目まぐるしい攻防を展開。そんな中、テイオーと忍の師弟タッグは、基本的にテイオーが忍を使ったホイップ攻撃で延々攻撃していき、忍はひたすら走らされるハメに。逆にいざテイオーが攻撃にいった際、空気の読めない飯伏がテイオーを攻撃したため、ほかの選手たちから一斉に攻撃を食らうハメに。
 しかしケニー・オメガばりの波動拳で吹っ飛ばしていった飯伏に続き、テイオーが座頭市ばりに手刀で飯伏や円華、そしてなぜか忍まで斬って捨てていく。さらに次々に選手たちが関節技の数珠つなぎを繰り出していくと、旭が忍に卍固めへ。その上からテイオーが忍ごと旭に卍固め! そんな攻防から一転、選手たちが次々に飛び技を繰り出していくと、最後に飛ぼうとして飯伏をテイオーが阻止。
 そこから今度はコーナーからリング内に次々と選手がダイブしていき、さらに各チームの連係攻撃へと続いていく。嵐のような攻防が去ったあと、リング上ではテイオーが円華にミラクルエクスタシー。カットに入って来た旭には忍がSEXボンバーからのS.E.X。そこにSOSと飯伏が入ってくると、飯伏がオーバーヘッドキック。さらにコーナーに昇った忍にもロンダート式オーバーヘッドキック。
 飯伏は忍を助けようとしたテイオーにハイキックを叩き込むと、忍には蹴りのコンビネーションからハイキック、さらにトドメのフェニックス・スプラッシュを決めて勝利。だが、試合後テイオーから「今日何の大会だか分かっている? 接待って言葉知ってる? 本当にお前らはKYだな」とダメ出しされてしまった。

090128_MensClub-3.jpg 「陰でメンズクラブを操っている」ともっぱらの噂の佐藤悠己。今でこそ佐藤もメンズクラブの一員としてテイオーを師匠と崇めているが、佐藤の本来の師匠はディック東郷。東郷とテイオーといえば、言わずと知れた海援隊の同志。そこでこのメンズクラブ興行で、佐藤は東郷との師弟対決を行うことになった。
 神妙な面持ちで入場した佐藤に対し、入場するなり睨み付けていった東郷だが、ゴングが鳴るとまずは握手を求める。しかしその手を払いのけた佐藤はエルボーや飛び技で猛然とぶつかっていく。しかし、東郷は佐藤の攻撃を正面から受け止め、カウンターのキチンシンク一発で佐藤を悶絶させる。そこからはエグイボディ責めを繰り出していき、佐藤はひたすら悶絶!
 「立て、オラ!」と佐藤を挑発していく東郷は、何とか佐藤が反撃し始めた矢先、クロスフェースに捕らえていく。ロープに逃れた佐藤は丸め込みで大金星を狙うが、キックアウトした東郷はペディグリーからのダイビング・セントーンという必殺フルコースを決めて勝利。
 だが、試合後東郷はなかなか起き上がれない佐藤に声をかけると、笑顔で頬を軽くペチペチと叩き、その後誇らしげな表情で佐藤の腕を取って高々とあげた。佐藤の成長ぶりにかなり満足気な東郷の表情は実に印象的だった。

090128_MensClub-4.jpg オリジナルメンズクラブの関本と伊東は、裏で「俺たちが真のメンズクラブだ!」と豪語しているという葛西&沼澤と対戦。黒地に“めんず倶楽部”と書かれたTシャツを着て試合に挑んだ葛西&沼澤は、関本をコーナーに追い詰めると、顔面にコールドスプレーを噴射! さらに股間にもスプレーを噴射していくと、ケツにホウキを突き立て、その上からイスで殴打していくというエグイ攻撃を見舞っていく。
 関本も何とか反撃し、沼澤をアルゼンチンで担ぎ上げるが、そこに葛西がコールドスプレーを手にリングイン。関本の顔面に向かってスプレーを噴射したが、何とすでに中身がなくなっていたため不発に終わる! すかさず攻撃に出た関本だが、葛西&沼澤は合体攻撃で応戦し、葛西はパールハーバースプラッシュを狙ってコーナーへ。
 だが、追いかけていった関本が雪崩式ブレーンバスター。しかし沼澤は何とか伊東を急所蹴りや狂鬼乱舞で追い込んでいく。だが、フォールしたところに関本が入ってきてぶっこ抜きジャーマン! 続いて伊東のドラゴンキッカーから元祖ファイト一発!(伊東のエルボー→関本のラリアット)を決めると、最後は伊東のドラゴンスプラッシュで勝利。
 敗れた葛西&沼澤だが、葛西がマイクを取ると「今日は負けまったけど、俺っちと沼っちはテイオーが何と言おうとメンズクラブだと思っているから。だから沼っちが100円ショップで買ってきたTシャツにめんず倶楽部って書いてきたんだ。今日来てくれたお客さんにはホント感謝してるから、この後休憩時間に売店でこのTシャツを売るから、みんな福沢諭吉を握りしめて来てくれよな!」とお手製めんず倶楽部Tシャツを販売し始めた。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif