プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2009年03月06日

両国初進出となる大会の地上波放送が決定したドラゲー!岡村社長は成功に手応えあり!

Posted by TEAM-angle at 15:18 / Category: 【プ】DRAGON GATE・武勇伝 / 0 TrackBack

090306_DragonGate-1.jpg 6日、都内のホテルでDRAGON GATEが約2週間後に迫った初の両国大会『THE GATE OF ANNIVERSARY』(22日、両国国技館)の記者会見を行った。調印を行った全選手が語った意気込みや、会見の詳細はバトル三昧をご覧下さい。
 岡村社長は会見の冒頭で、両国大会の模様が地上波で放送されることが決定したと発表。3月29日深夜26時52分より『最先端プロレス ドラゴンゲート』と題し、テレビ東京で放送される。このプロレス不況が叫ばれる昨今、初の両国進出に加えて地上波放送の決定と、勢いに乗るドラゲーだが、岡村社長は「何があるか分からないので最後まで気は抜けないが、このまま行けばガッチリいくんじゃないかな」と早くも手応えを掴んでいる様子。
 老舗団体でも両国を超満員にするのは簡単なことじゃないが、岡村社長はさらに「ビジョンは入れるが、(お客さんが見て)『えー、こんな誤魔化し方するの?』というようなことはしない!」と客席も出来るだけ解放する姿勢。両国という大舞台に加えて、地上波の放送が決まったことで、恐らく今までドラゲーを見たことがない人も見る可能性が大きいが、選手からは「まだドラゴンゲートのプロレスを見たことがない人に、プロレスを楽しんでもらえたらと思う」とか「初めて見る人にプロレスのイメージを変えるような印象を与えられたら」といった発言が出ていた。

090306_DragonGate-2.jpg 記念すべきドラゲー初の両国大会のメインを任されたのは、現ドリームゲート王者の土井成樹。かつて“永遠の二番手”セカンド土井と呼ばれた土井だが、この記念すべき舞台で難敵・新日本プロレスの金本浩二を迎え撃つ。それだけにプレッシャーは大きいと思われるが、本人は「プレッシャーとか重圧とかいろいろあると思うが、いまはすごくいい緊張感にいる」と語り、「ドラゴンゲート初の両国大会のメインで、ドラゴンゲートの選手が負けたらシャレにならない。ドラゴンゲートらしい試合っていうのは、ほかの試合がしてくれると思うので、結果にこだわっていきたい」と試合内容よりも、とにかく金本に勝ってベルトを防衛することに集中する構え。なお、金本は新日本プロレスの後楽園大会出場のため、会見を欠席した。
 5日の後楽園大会で行われた前哨戦では散々蹴られた挙げ句、必殺のマスキュラー・ボムをアンクルホールドに切り返されてしまい結果も惨敗だったが、「昨日の前哨戦ではボッコボコにされて、向こうの手の内は分かった。ここに先月金本が投げた鍵があるが、両国ではキッチリ勝ってこのベルトに付けたい。自分の手の内は全部見せていない。自分のスタイルを貫き通せば勝てない相手じゃないので、いつも通りいきたい」と、2・12後楽園大会で金本が投げ捨てた“ドリームゲート挑戦の証”である鍵をアピールしながら語った。
 だが、岡村社長は「(昨年12・28の)福岡国際と一緒。絶対負けてはいけない試合で、CIMAが負けたこともあった(※首のケガによる長期欠場からの復帰戦でライガーと組んで、ヤマコンと対戦したCIMAだったが結果は完敗)。土井には勝ってもらいたい。今回はいい試合をしたじゃ済まされないかもしれない。ただ昨日の試合を見た限りでは不安を覚えた」とやや心配顔。

090306_DragonGate-3.jpg 5日の後楽園大会から完全復帰したCIMAは、吉野正人の持つブレイブゲート王座に挑戦することが決定。ブレイブは体重82kg以下の選手に挑戦資格があるが、CIMAは5日の後楽園大会で「あと2kg落とせば」と語っていただけに、両国大会にはかなりいいコンディションで上がってくると思われる。
 さらに新ユニット・WARRIORS-5を「破天荒な集団を目指す」と思っているというCIMAは、タイトルマッチの調印を終えて、マイクを取ると大真面目な表情で「マカラカシトラマカラ、カシトモマカラ、マラハ!」となぜか“ブッチャー語(?)”で意気込みを語った。これには対戦相手の吉野をはじめ、報道陣も一瞬唖然とした後に大爆笑! 隣に座っていた岡村社長も吹き出してしまう中、必死に平静を保とうとする吉野に向かって、CIMAが「頭を使え!」「規格外なことをやらなアカン!」と叫ぶ。どうやらこれも、破天荒な集団を目指すCIMAなりに考え抜いた真面目なコメントというか、謎かけのようだ。
 それでも吉野は「さっきのコメントじゃ理解出来ないっすけどねぇ」と困惑気味だったが、何とか気を入れ直すと「両国初の舞台なので、ブレイブの絶対王者ここにありっていうのところを見せたい」と王者らしいコメントを残した。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif