プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2009年05月14日

【特別企画】発売直前!ジ・アウトサイダーDVD紹介(2)〜第二戦編〜

Posted by JS at 01:17 / Category: 【格】RINGS・THE OUTSIDER , 独自情報 / 0 TrackBack

Outsider-DVD-Jackets2.jpg 「不良達ヨ、覚醒セヨ。」
 当サイトでも毎回抜群のPV数を叩き出す、FIGHTING NETWORK RINGS主催の『THE OUTSIDER(ジ・アウトサイダー)』。大会の性質上、映像化は難しいといわれていたTHE OUTSIDERだが、旗揚げから1年以上が経過し、ついに映像の解禁が決定! 今月の29日に第一戦から第四戦までの模様を収めたDVDが一斉発売されることになった。
 そこで当angle JAPANではDVDの販売協力をされている日活さんのご協力を得て、4週に渡ってDVD各巻の見どころを紹介することになったのだが、今週は2008年7月19日にディファ有明で行われた『第二戦』(angle JAPANの記事はこちら)のDVDを紹介しよう。
 今作はマスコミでもなかなか見ることが出来ない大会前の諸注意や、控室で選手たちがアップをしている模様から始まっている。そして今大会から復活した“赤ブレザー姿”の前田日明実行委員長がリング上で挨拶する映像に、何とも“リングス”らしさを感じる。
 まずDVDのオープニングを飾る“喧嘩所茨城制圧 ザ・WORST”加藤紘也選手の煽りVでは、「まさにこの男、悪の権化!」とまで言っておいて、本人の「不良ではないですね。タバコも吸わないし、酒も飲まない。恥ずかしがりやですね」というコメントが続くという振り幅っ! その加藤選手と“近畿のケンカ柔道一直線”高田敬久選手の試合は、あの高山善廣vsドン・フライ戦を彷彿させる壮絶な殴り合いとなり、今大会のベストバウト賞を受賞。そのためか試合当日は第2試合だったのだが、DVDでは1番最初にラインナップされた。

Outsider-DVD-02.jpg そして、やはり紹介せずにいられないのが、“横濱ギャング連合 ハマの狂犬”黒石高大選手の試合だ。第一戦の試合後に起こった乱闘シーンを黒石選手自ら解説(?)しているシーンは、実に興味深い! そして今回の試合は恐らく黒石選手にとって第一戦での敗北よりも悔しいと思われる、まさかの秒殺失神KO負け。そこから乱闘シーンへとつながっていくのだが、第一戦のDVDでは短めだった乱闘シーンが、今作では結構長めに収録されている。また、バックステージでの黒石選手の思いもよらぬ姿まで収録されているのが、このシーンはその後黒石選手の成長ストーリーを見続ける者にとって、ぜひ見ておきたい貴重なシーンだ。

 “九州天下一の大目付”野村剛史選手の煽りV〜試合の映像を見ると、前田日明がTHE OUTSIDERを作ったキッカケとなった九州・天下一武道会のレベルの高さがよく分かる。また、“リアルサラリーマン”酒井知一選手の煽りVでは「腰痛を治すために始めた格闘技。さらに独自のトレーニング法で己の体をいじめ抜く姿は、まさにアウトロー」というナレーションに多少無理を感じながらも、この試合以降酒井選手がTHE OUTSIDERに出ていない理由が明かされている。しかしステテコ姿で次々に関節技を仕掛ける酒井選手を見ると、ぜひまた出て欲しいと思わずにいられない!
 3月の両国大会ではメインを張った“インテリジェンスタイガー”秀虎選手は、自ら格闘技を始めた理由を語っているのだが、これがなかなか興味深い。第一戦では黒星だった秀虎選手だったが、今大会ではわずか1R22秒でKO勝利している。

 この大会でMVPに輝いた“杉並の黒い三連星 大嶽ブラザース”大嶽伸次選手の煽りVでは、黒い三連星と呼ばれた大嶽三兄弟の武勇伝が紹介される一方で、大嶽選手が美人妻の反対を押し切ってTHE OUTSIDERに出場するため、大嶽三兄弟が初めて力を合わせてトレーニングを積むという、まるで小説のようなストーリーが紹介される。
 その大嶽選手は試合でも終始攻め続け、最後は変形のスリーパーで勝利するのだが、リング上に大嶽三兄弟が並んで勝利を喜ぶシーンも、煽りVを見た後だとなかなか感動的。
 前半のほうに黒石選手が第一戦の乱闘を自ら振り返っているシーンが収録されていると書いたが、DVDの最後のほうには“乱闘を仕掛けられた側”である秋山翼選手の感想も収録されている! その秋山選手は今大会では黒石選手の兄貴分である“横濱ギャング連合”高垣勇二選手と対戦していて、煽りVも含めてこれまた必見! 前田実行委員長は「OUTSIDERがボクシングの大会で、『あしたのジョー』を探すなら高垣君は○○○」と評している。
 第二戦のDVD(セル版のみ)は収録時間147分と、かなりの長丁場だが試合内容、煽りV、あらゆる面で見応えは十分だ。

ジ・アウトサイダーDVD紹介(1)〜第一戦編〜
ジ・アウトサイダーDVD紹介(3)〜第三戦編〜
ジ・アウトサイダーDVD紹介(4)〜第四戦編〜

<第二戦>路上の伝説はリングの上で真実となる!(2008年7月19日@ディファ有明)
2009年/日本 提供:フェイス 発売:デスペラード 販売協力:日活(株)
【SELL DVD】DSL-10019 ¥3,990(税込)¥3,800(税別)
本編:約147分/片面2層/16:9ビスタ・サイズ/音声:日本語(2.0ch)
コメンタリー(2.0chドルビーデジタル)/字幕:日本語
【RENTAL】DRL‐10019 本編約90分 片面1層/16:9ビスタ・サイズ/音声:日本語(2.0ch)
※仕様は予告なく変更となる場合がございます。



【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif