プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2009年05月24日

上海で行われるはずだった内藤大助の防衛戦が中止!TBS『2大格闘技祭り』は変更なし

Posted by JS at 00:25 / Category: ニュース / 0 TrackBack
内藤の上海防衛戦中止、日本で代替開催へ(nikkansports.com)

 上海で26日に行う予定だったWBC世界フライ級チャンピオン、内藤大助(34=宮田)の5度目の防衛戦が中止となったことが23日、分かった。興行をめぐり、宮田ジムと挑戦者側で交渉を詰め切れなかったためとみられる。日本で代替開催する方向で調整する。

090524_TBS.jpg 視聴率で苦戦を強いられているTBSにとって、高視聴率を叩き出すドル箱コンテンツのボクシング・内藤大助の試合中継。今回は同日横浜アリーナで開催される『DREAM.9』と、『史上初!2大格闘技祭り』として大々的に中継されることになった。
 3時間の放送枠で後半の90分中継されるDREAM的にも恩恵を受けそうだが、大会直前になって何と上海で行われるはずだった内藤の防衛戦が“プロモーター側の都合”により開催中止になることが決定した! 一応、試合(興行)は日本で代替開催する方向で調整するそうだが、大会まで3日しかないのに今から会場を抑えて興行を開催することは可能なのか?
 中止になった理由が選手側の都合でないことを考えれば、場所さえ決まれば試合自体はやれそうな気はする。場所も両国クラスの大会場は無理でも、後楽園ホールやディファ有明クラスの会場なら集客面でも何とかなりそうな気も……。ちなみに5月26日の後楽園ホールは、18時からボクシング(トクホン真闘ジム)が行われる予定だが、ディファ有明はとくに予定が入っていないっぽい。
 いっそのことDREAM.9が行われる横浜アリーナで、内藤の防衛戦をやってしまうという手もあるが、リングなどが違うしこれは無理か。なお、TBSのホームページには「5月26日(火)に予定されていたWBC世界フライ級タイトルマッチ 『内藤大助×熊朝忠』の開催地が中国・上海から日本・東京に変更になりました。なおTBSでは予定通り、5月26日(火)よる7時55分からこの試合を放送する予定になっています」という一文が掲載された。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif