プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2009年07月14日

魔裟斗と川尻の大喧嘩にK-1ファンもDREAMファンも大熱狂!KRAZY BEE勢は連敗!

Posted by TEAM-angle at 03:00 / Category: 【格】K-1 MAX / 0 TrackBack

090713_K1Max-1.jpg 13日、日本武道館で行われた『K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL8』。地上波でもゴールデンタイム中継されたのでご覧になった方も多いとは思うが、地上波中継ではカットされていた部分や会場の雰囲気、試合後のコメントなど、大会の詳細はナイガイモバイル☆バトルをご覧下さい。
 大晦日の『Dynamite!!』で引退することが決まっている魔裟斗にとって、MAXラストマッチとなるこの日の試合。ファン投票の結果、総合格闘家の川尻達也との対戦に決まったわけだが、昨年大晦日の『Dynamite!!』から始まったK-1vs.DREAMの対抗戦だが、激しい舌戦が展開された公開会見の甲斐もあり、わずか半年で魔裟斗vs.川尻はキッチリ天下分け目の大一番的な雰囲気が出来あがっていた。
 セミが終わった瞬間から超満員の武道館は異様な緊張感に包まれ、まず先に川尻が山田トレーナーのほか石田光洋や青木真也らたくさんのDREAMファイターを従えて入場してきたシーンに、会場に駆けつけたDREAMファンが大熱狂。しかし続いて魔裟斗が殺気と共にKINGのオーラを漂わせながら入場してくると、一気に会場がMAXの世界=魔裟斗の世界に包まれる。
 そしていざ試合が始まると、川尻が勇気を持って前に出てパンチを積極的に打っていく中、冷静な魔裟斗がもの凄いキレのあるローキックやパンチを繰り出していくという緊張感溢れる展開に。川尻の総合の選手らしい変則的なパンチの出し方にさすがの魔裟斗も慎重な構えを見せたが、川尻が前へ前へ出て行くと魔裟斗も真正面から打ち合いに応じ、さらに強烈な右ストレートでダウンを奪う。
 もう武道館は蜂の巣を突いたような熱狂ぶり。それでも辛くも1R終了まで堪えた川尻は、2Rに入っても見ている方に息つく間を与えないくらい緊張感ある試合を展開。魔裟斗の顔面にパンチをヒットさせる場面も見られ、今度は総合ファンが大「川尻」コール。だが、その声を覆い隠すかのような「魔裟斗」コールが起こる中、ロープを背にした川尻はボッコボコに殴られながらも倒れない。たまらず山田トレーナーがタオルを投げ込んだのとほぼ同時に、川尻は力尽きて前のめりにダウン! まるで映画かドラマのような結末シーン! 魔裟斗、強し! これが本当に引退する選手なのか?

090713_K1Max-2.jpg 川尻と抱き合って健闘を称え合った魔裟斗は「え〜、アイアムチャンピオンね(笑)。今年のチャンピオン、誰でもいいよ。12月31日、俺の挑戦を受けて欲しいなと思っています。あと1試合、ラストの1試合、完全燃焼します。ありがとうございます」とマイクアピール。アリーナのファンはリングサイド(関係者席があるためリングの側までは行けないが)まで寄ってきて、魔裟斗に歓声を送る。
 そこに世界トーナメントFINAL8を勝ち上がった4選手がリング上に集合。魔裟斗は唯一の日本人選手として、ドラゴに見事勝利して準決勝進出を決めた山本優弥とにこやかに会話を交わし、激励を送った模様。優弥が頭を下げて礼を言うと、トーナメントFINAL4の選手をリング上に残してひと足先にリングを降りた魔裟斗。そして魔裟斗は名残惜しそうに声援を送るファンに向かって「あと1試合」という意味なのか、「俺がNo.1だ」という意味なのか、人差し指を突き立てながら花道を歩いてMAXのリングに別れを告げた。
 インタビュースペースに現れた川尻は改めて「いや〜、強かったですね。もうちょっと何とかなるかなと思ったんですけど、動こうと思ったら倍のスピードで動かれてコントロール出来なかったですね。さすがは立ち技最強の男だと思います」と魔裟斗の強さを認めた。ローやパンチをもらった時点では「これなら大丈夫かな」と思ったという川尻だが、一発の破壊力がない分、コンパクトな連打を食らったことで効いてしまったという。そしてK-1の試合に関しては「二度とやりたくないです」と“K-1引退を宣言”。今後は本業であるMMAのファイトに集中するという。
 一方の魔裟斗は「どこも痛くないし、無傷で終われて良かった。いままでで一番盛り上がったんじゃないですか?」とやはり余裕のコメント。すでに魔裟斗の目は大晦日の引退試合に向いているようで、「俺は倒し合いをして(相手を)倒したいと思ってますよ。キツイ試合になるのは間違いない。やりたくないのはペトロシアンだね。でも俺って結構“持ってる”じゃないですか? だから(最後の相手は)サワーだね。サワーにリベンジして終わっちゃうんだって、今日見ていて思った。最後にサワーとやって勝ったら最高にいいなと思いますね」と、イチローばりに“持っている”ので最後の最後までドラマチックに終わると予言した!

090713_K1Max-3.jpg メインの試合に肉薄するくあい会場が盛り上がっていたのは、第7試合の山本“KID”徳郁vs.チョン・ジェヒと、第8試合の山本篤vs.渡辺一久のKRAZY BEE2連戦。総合のリングでは復帰戦こそ勝利で飾れなかったが、KIDも篤もケタ外れの身体能力と強さを発揮している。だが、復帰戦で敗れたKIDは自身がスターダムにのし上がるキッカケとなったK-1MAXに約4年ぶりに参戦。同時にKIDの一番弟子である篤も元ボクシング日本フェザー級チャンピオン相手にK-1ルール初挑戦。ハッキリ言って前評判ではKRAZY BEE勢の2連勝は堅いと思われていた。
 ところが直前会見後に谷川EPが「KID君の相手がちょっと強いんで」と言っていたが、韓国ムエタイ三冠王の経歴はダテじゃなく、何と右フックをヒットさせてから一気にパンチの連打で前に出てきたKIDに対し、ジェヒは右アッパーからの左フックをクリーンヒットさせ、KIDがまさかの前のめりダウン! 完全に意識が飛んでいる様子だったが、それでも立ち上がろうとしていたためレフェリーがダウンカウントを数える。しかし10以内に立つことは出来ずまさかのKO負け!
 試合後、意識を取り戻したKIDはかなり悔しそうな表情を浮かべながらリングを降りたが、インタビュースペースでは「何も覚えていない」と漏らした。KIDの完全復活にはまだちょっと時間がかかりそうだ。
 さらにかつてあの伝説のTV番組『ガチンコファイトクラブ』で辰吉丈一郎の指導を受けた渡辺一久が、2月のK-1デビュー戦でやった自分で自分を叩いてダウンするというパフォーマンスを辰吉から厳しく責められる様子が煽りVで紹介された。
 それだけにこの日はさすがに一転して真面目にファイトするかとも思われたが、客席に一角を占拠した渡辺の大応援団から大声援を浴びると、そっちの方向の拳を挙げ、さらにカメラに向かって変顔をしてからリングイン。さらに試合が始まってもガードを下げ、「来い、来い」と挑発。渡辺はあくまでも渡辺流だったが、これがうまくフェイントとして機能しふざけているように見せておいて、いきなり右ストレートを篤の顔面に伸ばしていく!
 一気にラッシュした渡辺は何とハイキックも篤の後頭部にクリーンヒットしてみせたが、篤は前屈みになりながらも本能で片足タックルでテークダウンを奪ってしまい、辛くもダウンを免れた。しかし明らかにダメージの大きい篤に対し、渡辺はパンチで立て続けにダウンを奪う。しかも2度目のダウンで勝ったと勘違いした渡辺はコーナーに登ってアピールしていたが、レフェリーから注意されると慌ててコーナーから降り、トドメの右ストレートを叩き込んで3ノックダウンを奪って勝利! KRAZY BEEにとっては師弟が揃って敗れるという最悪の1日になってしまった。
 勝った渡辺は戦前「弟子を倒せば師匠が出てくるだろう」と篤を倒してKIDとの対戦を希望していたが、「(KIDが負けたのは)ビックリしたんですけど、KIDさんがもう一度K-1でやりたいと思うならやりたい。でも強引にラブコールして引きずり出すっていうのは今はちょっとないですね」とKID戦に関してはトーンダウン。さらに「今回負けたら本当にただの口だけ男になっちゃうんで。ボクサーの人にも悪いと思ったんで、真面目にボクシング一筋でやっている人のためにもK-1で勝って、ボクシングはつえーんだぞというのを見せたかった」と殊勲なコメントも残した。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif