プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2009年07月25日

宮本はラム会長超えで勢力拡大!忍は義人と殊勲の引き分け!バカ社長がまさかの完敗!

Posted by TEAM-angle at 23:34 / Category: 【プ】666 / 0 TrackBack

090725_666-1.jpg 25日、新木場1stRINGで行われた暗黒プロレス組織666『666 vol.31』。墨田区花火大会を蹴って浴衣姿で駆け付けた観客もいたが、花火大会以上に弾けた今大会の模様はナイガイモバイル☆バトルをご覧下さい。
 大会前、666の選手と共にCPEと新宿二丁目プロレスの選手がリングに上がり、8月29日に片瀬東浜海水浴場江ノ島58ビーチカフェで『ドキッ! 男と女の海の家プロレス!』を開催することを発表した。CPE代表のAKyが「二丁目プロレスがCPEに対抗意識を燃やしているそうですが眼中にありません」と挑発的な挨拶をすると、二丁目プロレス代表の忍が「基本、俺は女嫌いですからね。何にし来たんだよ!」と言い返して一色触発のムードに。
 するとなぜかリングサイドのカメラマンに「どっちがセクシー?」と詰め寄り、カメラマンが「正直CPEかな」と答えると、忍がカメラマンに張り手! という、グダグダな感じになってしまったが、江ノ島で“ポロリ”があるのか? 熱射病必死の灼熱地獄になるのは間違いないが、水着での観戦も大歓迎とのこと。何だかトンデモナイ大会になりそうだ……

090725_666-2.jpg 666内メンズクラブを解散に追い込み、先輩に対して下克上をすることで宮本爆走族の勢力を拡大してきや宮本裕向。後ろに木高イサミを乗せて単車で入場してきた宮本は、先輩を加えたトリオで、何とラム会長とゆかいな仲間たち(佐野直&DJニラ)と対戦! すると宮本はラム会長に向かって「二丁目プロレス、テキ屋軍団も手中に収め、大日本のトップも守った。あとは666の裏番長と言えるラム会長だけだ!」と宣戦布告。
 これを聞いた会長は「宮本、王座防衛おめでとう! やっとお前もワタシのところまで来たな。その手でワタシの引退ロードを飾ってみろよ!」と叫んで奇襲攻撃。しかしゆかいな仲間たちはまったく役に立たず、会長が捕まってしまう! 宮本とイサミは代わる代わる会長を攻撃。この2人が相手ではさすがの会長も手も足も出ない。
 ついには先輩もリングインしてメンチを切って会長の心を折ると、セカンドバックから“おクスリ”を取り出し、事もあろうに会長に対して注射しようとする。さすがにこれは宮本とイサミも止めようとするが、それを振り切った先輩は注射器を持って突進。間一髪で会長がかわすと、何と李日韓レフェリーに誤注射! 力が漲ってきた日韓は思わず服を脱ごうとするが、慌てて周りが止めに入ると、ロープにダッシュ! だが、やっぱり力尽きて途中退場に。
 レフェリー不在の中、先輩は何とセカンドバックからレフェリー着を取り出し、ポケットから手も出して急遽レフェリーに変身。機敏な動きで見事なレフェリングを披露してみせた。そのため2vs.3のハンデキャップマッチとなったが、会長にとっては1vs.2のハンデ戦のようなもの。宮本は情け容赦なく会長にムーンサルトプレスを投下するが、間一髪かわした会長。それでも宮本はファイアーサンダーの体勢に。
 ここでニラがロケットパンチで辛くもカットに入るが、あまり効果なし。すると会長はニラを踏み台にして宮本にスイングDDT! 垂直に脳天から突き刺さった宮本に対し、こっそり入ってきた佐野がデルフィンクラッチで押さえ込もうとすると、宮本が丸め込みで切り返して3カウント。
 試合後、宮本が「会長! 今日こうやって666勢力拡大することが出来ました。会長はこれで安心して引退してください」と言うと、年内で引退する会長は「宮本、よくやったな。ワタシも頼りがいある男になってくれて嬉しいよ。これで安心して引退したいところだが、佐野にフォールして喜んでいるようじゃまだまだだな。もっと気合い入れて試合しろよ!」と檄を飛ばした。

090725_666-3.jpg メンズクラブから脱退し、脱ショタ宣言した佐藤きゅんは竹田誠志相手に宮本爆走族査定マッチを行ったのだが、流血に追い込まれた末に完敗。それでも萌えキャラから脱した佐藤きゅんの新しい一面を見ることは出来た。
 “かつての恋人!?”佐藤きゅんから三行半を突きつけられ、自分探しの旅に出ている忍は、イメージカラーのピンクを捨ててシルバーを基調にした新コスチュームで登場。前回のマグニチュード岸和田に続き、今回の相手は666初登場となる大日本プロレスの佐々木義人! カードが発表された瞬間、観客からもどよめきが起こった。
 奇襲攻撃を仕掛け場外戦で主導権を握った忍はヒザ攻めで体格差をカバーしていく。ところが5分を過ぎた辺りでカウンターのラリアットを叩き込んだ義人が形勢逆転。10分過ぎまでは義人が一方的に忍を攻撃していき、トドメのハリケーンドライバー。勝負あったかと思われたが、忍はカウント2でキックアウト。ならばとアルゼンチン・バックブリーカーで担ぎ上げた義人だが、忍は必死に脱出。
 何とかSEXボンバーで義人をなぎ倒した忍だが、これで義人にさらに火が付き、コーナーからダイブしてきた忍を何とスピアで迎撃。豪快なショートレンジラリアット2連発を叩き込んだ義人だが、カウント2で返した忍は15分を経過したところでS・E・X(忍エクスタシー・シューティングスタープレス)で勝負に出たが、義人が間一髪でかわして自爆!
 逆に義人がアルゼンチン・コースターで叩き付けていったが、忍はこれもカウント2で返し、どうにかS・E・Xを投下していったがこれでも試合は決まらない。ついに20分時間切れ引き分けに! 忍のキャリアや体格を考えれば殊勲の引き分けと言ってもいいだろう。すると忍は「義人さん、今日で自分の新しい道が明確になりました。ありがとうございました! 鬼太郎とか、宮本爆走族とかやってますけど、666を引っ張っていくのは宮本でもない、怨霊でもない、社長でもない、俺が引っ張っていきますよ! 今日は熱い試合が出来ました。ありがとうございました」と堂々エース宣言した。

 新たにヒトラーリビングデッドを加えたリビングデッド軍に対し、葛西純&乞食のほかに新たにマッスル坂井をパートナーに加えた“バカ社長”ことクレイジーSKB。イリミネーションルールで行われたこの試合はリビングデッド軍の連係により、乞食と葛西が立て続けに退場!
 しかし悪魔メイクを施してきた坂井の大活躍により、ヒトラー、ブッシュ、ラディンリビングデッドが次々に退場! これでバカ社長&坂井vs.フセインリビングデッドとなったが、バカ社長のCG爆竹銃が坂井に誤爆して坂井が退場に。それでもバカ社長は必殺のCG爆竹ポアを投下していったが、何とこれがかわされてまさかの自爆!
 のたうち回るバカ社長に対してリビングデッド軍は失格になった選手も乱入してきて、イスの上に設置された巨大なガラスの上に合体ブレーンバスターで叩き付けていくという非情なる攻撃に! そして最後はフセインリビングデッドが空爆(毒針エルボー)を投下し、バカ社長が敗れるというバットエンディングに。そのままノックアウト状態のバカ社長をリビングデッド軍は連れ去ったが、次回バカ社長はどうなってしまうのか……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif