プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2009年08月23日

アイスリボン初の後楽園大会は、暖かい雰囲気に包まれて大成功!高橋はさくらに雪辱!

Posted by TEAM-angle at 16:50 / Category: 【プ】その他のプロレス / 0 TrackBack

090823_IceRibbon1.jpg 23日、後楽園ホールで行われたアイスリボン『不思議の国のアイス~Ice's Adventures in Wonderland~』。かつては収容人員60人の部屋の中にマットを敷いて試合をしていたアイスリボンだが、いつの間にやら後楽園ホールに進出するまでに成長! しかも北側ステージ席と2階バルコニー席は解放していなかったものの、立ち見が出るほどの超満員のファン(1012人=主催者発表)でホールに詰めかけた。大成功に終わった後楽園初進出の詳細は、アイスリボンに関してはどこよりも詳しいナイガイモバイル☆バトルをご覧下さい。
 初の後楽園大会のメインは団体の長であるさくらえみが、パッションレッドの高橋奈苗とシングルマッチで激突。両者のシングルマッチといえば、何と言っても今年の5・3板橋で高橋の持つNWA認定女子パシフィック&NEO認定シングル王座にさくらが挑戦した一戦だろう。王座防衛は必至と思われていた高橋だが、さくらの放った雪崩式回転エビ固めの受け身に失敗し脳震盪を起こすアクシデントが発生! 思わぬカタチで勝者となったさくらが二冠王となったが、2日後にNEOの田村欣子に敗れたためタイトルは失った。
 無事高橋が復帰したことで、あのとき止まった時計の針を進めるため、この大舞台で両者は再び相まみえることに。緊張と感極まったのと両方入り混じった複雑な表情で入場してきたさくら。ホールということでさくらは高橋を場外に連れ出し、南側ひな壇席での攻防を展開。さらにリング上でもパワーで押してくる高橋に対し、腕十字や三角絞めなどベテランらしい老かいなテクニックで対抗。
 さらにさくらは高橋にとっては悪夢とも言える雪崩式回転エビの体勢に! 高橋は必死に回避したが、さくらは着地寸前に捻りを加えたムーンサルトプレスや、2階からのにゃんにゃんプレス(ファイアーバード・スプラッシュ)を投下。そしてスピードのあるラ・マヒストラルで高橋を追い込んでいったが、高橋はリストクラッチ式バックドロップ→ラリアット→ナナラッカと怒濤の大技で粘るさくらを振り切った。

090823_IceRibbon2.jpg 試合後、高橋は「やっとアンタに勝てたよ。アンタにパッションがなかった、ノーパッションのさくらに勝って当たり前と思ってたのに、そうじゃなくて5月にあんな悔しい思いをさせてもらいました。お陰でこんなにいっぱい夢が見れました。アンタに勝ってこんなに嬉しいとは思わなかったよ。人生は夢の旅、私はそう思います。やっとアンタに勝てたから、ここから新しい夢を探しにいきたいと思います。そのときは一緒に夢を見てもいいんじゃないでしょうか」と声をかけてリングを降りた。
 そしてインタビュースペースに現れた高橋は、「今年はアイスリボンに道場が出来て、自分の地元に道場ができたのがキッカケでさくら選手に声をかけてもらって出るようになって。それが後楽園のメインにつながるなんて思ってなかったから。プロレスって楽しいなと本当に思いました。正直羨ましいですね」と言うと、思わず目の涙を拭った。
 一方、リング上ではさくらが9月から無期限休場に入る希月あおいと共に、泣いたり笑ったりしながら『ガンバレ!』を熱唱。ほかの選手たちは観客を周ってファンとハイタッチ。とても暖かい雰囲気にホールが包まれると、最後にさくらが「最後に一言、人生を変えちゃうぐらいの熱い女子プロレスがアイスリボンにはあるぞ! 今日会場に来ているお父さん、お母さん、結婚の夢はしばらく諦めてください。こんなにたくさんのお客さんの前で試合ができて嬉しいです」と締めの挨拶をすると、選手たちがさくらを胴上げし大団円を迎えた。

090823_IceRibbon3.jpg また、大会前から注目を集めていたのが、アイドルレスラーにして総合やシュートボクシングにも挑戦する風香(写真中央)、映画『スリーカウント』で主役を務めたことでプロレスの楽しさを知り、総合格闘技進出も決意した志田光(左)、中京女子大レスリング部出身の総合格闘家でありながらモデルも務め、この試合がプロレスデビューとなる長野美香の“格闘美女チーム”vs.しもうま和美&星ハム子&赤城はるなの“雑草ガールズ”の一戦。
 まずは雑草ガールズが奇襲攻撃を仕掛けていったが、志田と風香がダブルドロップキックで反撃すると、長野がキレのある低空タックルからバックに回ってのスリーパー。続く腕十字はパワーでハム子が持ち上げて脱出し、その後雑草ガールズは風香を捕まえて集中攻撃。しかし格闘美女チームもしもうまを捕まえると、風香のダイビングボディプレスに続いて、志田もミサイルキックを発射。試合が荒れ出して来る中、風香と長野がしもうまにサンドイッチ・ハイキックを叩き込むと、最後は志田がリバースフルネルソンからのエビ固めで押さえ込んで3カウント!
 長野はプロレスデビュー戦を振り返って自ら「50点」と採点。フィニッシュを決めた志田は「グラウンドもやっぱり面白いし、やればやるほど難しくなっていくんで、もっと学んでいきたいなと思っています」と語り、先輩レスラーの風香に追いつけ追い越せで頑張って行くと語った。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif