プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2009年09月03日

石森がボディビルコンテストで準優勝した『スパルタンX』でのポージングを披露!

Posted by JS at 01:58 / Category: 【プ】プロレス全般 , 独自情報 / 0 TrackBack

090902_Ishimori-1.jpg 2日、ミッドブレス四ツ谷でプロレスリング・ノアの石森太二がコンテスト準優勝特別企画『石森太二のMUSCLE GIG!!〜トーク&セミナー&ポージング〜』を開催した。
 イケメンの石森選手だけにてっきり女性ファンばかりかと思いきや、石森選手が話すトレーニング法や減量法を熱心にメモする男性トレーニーも多数来場。石森選手は実際に行ったトレーニングの解説や食事&サプリの話以外に、ボディビルを始めた“意外な理由”から、“ノア=三沢”ということで三沢さんが亡くなる前からコンテストでは『スパルタンX』を使うことを決めていたといった秘話も明かしてくれた。
 また、いつも通りプロレスの試合をこなした翌日にボディビルコンテストに出場し、見事準優勝するという“離れ業”をやってのけたことで、あらぬ疑いをかける者もいたようだが、石森選手はキッパリそういった反則技を否定! それだけに腹が減りすぎて寝られなかったり、ストレスが溜まる余り周りに当たり散らしたりと、かなり苦しんでいたそうで一時は「もう二度とボディビルなんてやるものか!」とも思ったそうだ。
 しかし、そういったいろいろなことを乗り越えて出場したコンテストでキチンと結果が出せたことで、今後もプロレスとボディビルの二足のわらじを履いていくことを決意。それにボディビルコンテストで優秀な成績を残した人物がプロレスラーに転向することはあっても、現役プロレスラーにしてボディビルコンテストに挑戦したの石森選手を入れてわずか3人!
 その3人の中では石森選手の準優勝というのは現時点での最高成績。それだけに石森選手は、“現役プロレスラーにしてボディビルコンテスト優勝”という前人未踏の偉業を目指すことを観客の前で宣言した。プロレスをやりながらボディビルをやることがいかに大変なことか、それは現在発売中の『かっこいいカラダNEXT STAGE vol.10』にも書かれているので、ぜひ読んでいただきたい。

090902_Ishimori-2.jpg そしてこのイベント最大の見どころだったのが、石森選手が7月26日に行われた『セントラルジャパン・ボディビルディングチャンピオンシップス』のフリーポーズで披露した『スパルタンX(2009バージョン)』に乗せてのポージング!
 コンテストでは時間の都合で若干短縮されたため、この日披露されたポーズが本邦初公開のフルバージョン(何と最後にバック転!)。今回の石森選手のボディビル挑戦はとにかく異例づくめで、プロレスをやりながらの挑戦以外にもボンバーヘッドのヘアスタイルやローリングエルボーを取り入れたポージングは、ボディビル界でも「あり得ない!」と話題になっているそうだ。だが、石森選手の挑戦と快挙はプロレス界にとっても、ボディビル界にとっても明るい話題となっているのは間違いない。
 現在はコンテストのときから6kg増えたという石森選手だが、グリーンのビルダータイツ姿で観客の前に登場すると、『スパルタンX(2009バージョン)』に乗せて見事なポージングを披露! 思わず観客からは「アンコール」が起こり、石森選手は2回連続でフルバージョンのポージングを披露して酸欠寸前に!
 とりあえず現時点では今後『スパルタンX(2009バージョン)』に乗せてポージングする予定はもうないとのことなので、これにて封印ということになりそう。この日の来場者は貴重な目撃者となった! また、ノアが急遽作成したコンテスト準優勝記念石森ポートレイトも販売されたため、その場で直筆サインを入れてもらっていた来場者も多数いた。これまたプレミアムアイテムとなった。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif