プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2009年09月24日

泉は総合デビュー戦で打撃勝負に出るが玉砕KO負け!大晦日から戦極はSRCに名称変更

Posted by TEAM-angle at 03:00 / Category: 【格】SRC・戦極 / 1 TrackBack

090923_Sengoku10-1.jpg 23日、さいたまコミュニケーションアリーナで行われたワールドビクトリーロードの『戦極〜第十陣〜』。全試合の詳細&試合後のコメントはナイガイモバイル☆バトルをご覧下さい。
 かつて『ハッスル』も大会を開催したことのあるさいたまCA。お隣のメインアリーナでは18時からBlack Eyed Peasのライブが行われていたが、音が漏れてくるようなこともなかった。だが、いつもの入場門などは設置されず選手たちは客席の間を歩いて入場。ビジョンも予め設置されている1枚のみの使用と、やや見た目は殺風景だったが、日が落ちて会場全体が暗くなるとライトに照らされたリングだけが浮かび上がるような独特な雰囲気を持った会場だった。
 注目のメインはアテネ五輪柔道90kg級銀メダリスト・泉浩の総合デビュー戦。話題性では石井慧に持って行かれている感のある泉だが、ここは一発インパクトのある試合をしたいところ。長渕剛の曲に乗ってやや緊張した面持ちで入場してきた泉は、リングに上がるとすぐに柔道着を脱ぎ捨てる。安生洋二と三崎和雄をコーチに招き、戦前から打撃戦を予告していた泉だが、対戦相手のアンズ“ノトリアス”ナンセンもこの試合が総合デビュー戦だが、キックボクシングをバックボーンに持ち、いかにも喧嘩屋という雰囲気。
 それだけにナンセンはゴング直後からいきなり打撃でラッシュ。やや面食らった泉だが、自分でも打撃戦を予告していただけあって覚悟を決めていたのか、怯むことなくパンチで応戦していく。しかし泉はタックルでコーナーまで押し込みながら投げることなく、ブレイクがかかってしまい、なおも打撃勝負へ。するとナンセンは泉が前に出たところにカウンターのパンチを叩き込む。顔面にモロにもらった泉はダウン!
 何とか足に組み付こうとする泉だが、ナンセンはパウンドで引きはがす。顔を腫らしながらも立ち上がった泉だが、朦朧とするあまりチラリとレフェリーかセコンドのほうを見てしまう。そこにナンセンが放ったワンツーを綺麗にもらって倒れてしまった。この結果、泉は総合デビュー戦で玉砕KO負けとなった。

090923_Sengoku10-2.jpg 安生と共にインタビュースペースに現れた泉は、石井同様に総合格闘技である以上初めから道着は脱ぐ気でいたと語ったのだが、記者からどうして執拗に打撃にこだわったのかを訪ねられると、「深い意味はないです。(試合は)スタンドから始まるじゃないですか。グラップリングから始まるわけじゃないんで。スタンドの中で自分に何が出来るかとか、スタンド出来ないだろと言われるのが嫌だし」と語った。
 さらに「僕が(総合)格闘技やりたかったのは、こういう殴り合いも(理由の)1つ」と語ったのだが、「こういう殴り合いは1回だけで十分」と苦笑いし、次回からは寝技も積極的に使っていくと宣言。参謀・安生と共に戦術を練って次戦に挑むという。
 國保尊弘取締役は当初泉は11・3『第十一陣』、大晦日の有明大会と連戦させる考えもあったそうだが、今回泉はKO負けを喫しているので、60日のサスペンデット(医師の診断により30日に縮小される場合あり)となるため早くても次戦は大晦日になると語った。

 また、この日は桜庭和志が主宰するLaughter7の佐藤豪則が『戦極』初登場。煽りVではKSマークや『SPEED TK-ReMix』などを使い、これでもかというほど佐藤が桜庭の愛弟子であることを強調。桜庭本人こそ姿を見せなかったが、佐藤のセコンドにはLaughter7で稽古を積んでいる佐藤の実弟・豪(プロレスラー/元ElDorado)やLaughter7の高橋歩がついた。
 佐藤はタックルでのテークダウンや相手にバックを取られた状態で腕を取るといった、桜庭そっくりな動きも見せて善戦したが、最後はジョー・ドークセンのパンチを浴びまくり敗退した。

090923_Sengoku10-3.jpg 休憩明けにはニューイヤーイベントで対戦することが決まった石井慧と吉田秀彦がリング上に登場。石井が「皆さん、そして先輩、元気ですかーっ? 元気があれば何でもできる。年末は猪木の時間ですが、これからは自分が引っ張っていきたいと思います。年末は吉田選手のアゴ端に僕のパンチをねじ込んでみたいと思います」と宣戦布告すれば、吉田も「いま石井が僕のアゴにブチ込むと言ってましたが、そのままその言葉を石井に返します。アラフォーを甘く見るなよ! まぁいつでもかかってきなさい!」と受けて立つ構えを見せた。
 またこの挨拶が行われる前に、ビジョンでニューイヤーイベントが今年大晦日(12月31日)に有明コロシアムで開催されることが発表されたのだが、それと併せてこれまで『戦極』という名称で行われてきたワールドビクトリーロード主催の総合格闘技イベントが「SENGOKU RAIDEN CHAMPIONSHIP」略して『SRC』に改称されることも発表された。
 チャンピオンシップという名称はアメリカでMMAイベントを開催する際は必要な名称で、PRIDEもアメリカでは『PRIDE FIGHTING CHAMPIONSHIP』という名称で開催された。ワールドビクトリーロードの場合、そのままFIGHTINGではなく“RAIDEN”という名称を用いたわけだが、國保取締役によると、“RAIDEN”というのは日本の歴史上、最強と言われている雷電為右衛門から取り、雷電のような伝説の男・最強の男を、このイベントから作っていきたいという意味で命名したそうだ。なお、『SRC』というのは12・31ニューイヤーイベント限定の名称ではなく、『戦極』シリーズは11・3両国国技館の第十一陣が最後となり、12・31有明大会からはすべて『SRC』という名称で行われる。
 12・31有明大会のテレビ放送に関しては「現時点で発表できることはない」とし、同日開催されるFEGの『Dynamite!!』に関しても「我々のイベントをどう開催していくかが先決ですから、ヨソのイベントに対してどうこうというのはありません」と語り、表面上はあまり意識していないとした。
 大会終了後、バックステージで報道陣に囲まれた石井は「こういう年末のイベントのような大きな大会なら、今後も出たい?」と聞かれると、「やはり自分は仏の道に帰依しているので、今回の年末は結構強行突破な部分がある。来年からは分からない」と答えてニヤリと笑った。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif