プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2009年10月07日

フェザー級GPも外国人が制したが、青木がライト級王座奪取!サクラバンゲリオン降臨

Posted by TEAM-angle at 03:00 / Category: 【格】DREAM / 0 TrackBack

091006_Dream11-1.jpg 6日、横浜アリーナで行われた『DREAM.11フェザー級グランプリ2009決勝戦』。全試合の詳細、煽りVの内容、オープニングの模様、試合後のコメントなどはナイガイモバイル☆バトルをご覧下さい。
 フェザー級GPは地上波中継のCMなどでは、1回戦でDJ.taikiに敗れたものの敗者復活で2回戦に進出しエイブル・カラムに勝利した所英男を“主役”に据えていたが、煽りVはまるで『ROOKIES』のように野球場で所率いるZST軍と、高谷裕之率いる高谷軍団が野球で対決するような演出。その中で所は敗者復活で挑んだ2回戦で、もし負けた場合は引退を考えていたことを明かした。
 一度死んだ所は師匠である前田日明や、『戦極』のフェザー級GPで優勝した金原正徳をセコンドに従えて、2回戦同様坊主頭で登場。リングサイドでは親交のあるボクシングの内藤大助やバナナマン日村が見守る。所は打撃を得意とする高谷に真っ向から殴り合いを挑んでいくが、時間が進むにつれて高谷のパンチがヒットしていく。所も飛びヒザ蹴りからの大振りフックで反撃。思わずグラついた高谷だったが、グラウンドに引き込もうとした所を抑え込んで逆にパウンドの嵐! ここで1R終了のゴングが鳴り、レフェリーが割って入ったのだが、タイミング的にはレフェリーストップで高谷が勝ったとも思える場面だっただけに、「いまのゴングは1R終了を告げるゴングです!」とアナウンスがされると、場内からは大きな溜息が思わず漏れた。
 しかし、このパウンドで大きなダメージを負った所は2R早々にパンチを食らい、倒れたところに再びパウンドのラッシュを浴びてしまう。所サイドのセコンドがタオルを投げ込むのとほぼ同時にレフェリーが高谷のKO勝ちを宣告。見応えのある試合を制し、高谷が決勝進出を決めた!
 一方、チェイス・ビービと山本“KID”徳郁というこのGPの本命を次々に撃破してここまで勝ち上がってきた大型ルーキーのジョー・ウォーレン相手にビビアーノ・フェルナンデスはほぼ何もさせず完勝。お互いに気合いの入った表情で決勝のリングに上がってきた高谷とビビアーノ。当然高谷は得意のパンチ主体に攻撃していくが、ビビアーノはパンチを打っていく勢いを使ってタックルも仕掛けていく。時間が進むにつれ高谷がタックルを切る場面が増えたが、ビビアーノは青木真也ばりにバックを取ってオンブ状態になったりもしたが、高谷の打撃で右目尻から出血。
 しかもホームということで大「高谷」コールを受けてビビアーノと壮絶な殴り合いを展開していく高谷。だが、2R開始早々ビビアーノのフックをもらって思わず尻餅。すぐに立ち上がり、さらに殴りかかってきたビビアーノを回避した高谷は再び真っ向から殴り合う。目尻からの出血もあって疲れが見えるビビアーノをロープ際に追い詰めた高谷は、一気にパンチでラッシュ! しかし、残念ながらここで試合終了のゴング。
 判定の結果は2-1で辛くもビビアーノが勝利。またしても外国人選手の腰にベルトが巻かれる結果となったが、大会前から「この階級(フェザー級)ならば日本人でも世界のトップクラスと互角以上に渡り合える」と言われてきたが、それは十分証明出来る内容だった。

091006_Dream11-2.jpg 昨年大晦日の『Dynamite!!』田村潔司戦以来の試合となる桜庭和志。当初は10・25『DREAM.12』への出場が濃厚と思われたが、大会数日前にYouTubeの『DREAMチャンネル』に“桜庭劇場”をアップし、そこで緊急出場を発表。対戦相手はプロボクシングから参戦してきた新鋭ルビン・ウィリアムズ。本人はDREAMチャンネルの中で嫌がっていたが、またしても新鋭外国人との対戦に。
 すると煽りVには40歳になった桜庭のことを心配しながらも、現役続行する息子を後押しする桜庭母が登場。そんな母の心配をよく分かってはいるものの「逃げちゃダメだ!」と碇シンジばりに自分に言い聞かせた桜庭は「年金貰うまで絶対にやりますよ!」と断言してリングへ。だが、モニタには再びエヴァ……ではなく、『サクラバンゲリオン』の映像が! しかもシンジの父・碇ゲンドウ(の声)ではなく、何と桜庭の実父が登場して息子に向かって「お前、やるのか、やらないのか? 帰ってきなさい」と訴えかけるではないか!
 ここでようやく『SPEED TK-REMIX』が鳴り響き、桜庭が登場……と思いきや、何と登場したのはエヴァ初号機のマスクを被ったサクラバンゲリオン! モニタにはATフォールドをパンチで破壊して花道を歩くサクラバンゲリオンの姿が映し出される。だが、リングに上がりマスクを脱ぎ捨てて桜庭和志となった桜庭は、逃げることなく正々堂々ウィリアムズと対峙。だが、緊急出場のためコンディションが万全ではないのは承知の上だったが、改めてガチガチにテーピングで固められた両ヒザと、マヌーフ戦で折った左腕に黒いサポーターがされた満身創痍の桜庭の姿は実に痛々しい。
 だが、いざ試合が始まると桜庭が放った2発のローキックで早くも苦痛で顔を歪めるウィリアムズ。しかも構えはするものの得意のパンチをなかなか出してこない。桜庭は試合後、「プレッシャーはすごいあった。(腕を)上で振っちゃうと絶対来るなと思って振らなかったです」と語っており、やはりボクサーとして構えだけでかなりプレッシャーを与えていた模様。
 それでもタックルでテークダウンを奪った桜庭は、リングサイドから叶姉妹が見つめる中、上からウィリアムズを抑え付けてなぜか背中を平手でペチペチ! そして右足でウィリアムズの頭をフックすると、そのまま得意にサクラバロックを極めて完勝! いくらコンディションが万全じゃないとはいえ、ウィリアムスではやや桜庭の相手としては役不足だったか。
 とにかく、やはり桜庭には桜庭にしか出せない雰囲気があることは確か。桜庭が勝つと会場をハッピーな空気が包む。試合後、マイクで「40になりましたけど、もうちょっとだけやりたいんでやらせてください」と言った桜庭は、インタビュースペースで「前は100歳までと言ってたんですけど、それは無理なんで。年金(もらえる)まで(やるの)も厳しいとは思いますが。僕の目標というか、なりたい人っていうのは、合気道のすごい小さい先生がいるじゃないですか? 小さくて大きな外国人を倒す(人)。そんなようになりたいです」と“達人”を目指すことを宣言! MMAの達人を目指す桜庭の次なる試合はD12か? それとも大晦日か? そして相手は?

091006_Dream11-3.jpg ヨアキム・ハンセンの持つライト級王座にようやく挑戦することになった青木真也。この日、この試合の勝者に大晦日の大会で挑戦することを表明していた川尻達也が、メルカ・バラクーダに完勝。そういったプレッシャーもかかる中、煽りVでは「日米同時中継でお送りしています」と何度も強調されたこの一戦。過去2戦1勝1敗ということもあり、これが完全決着戦。前回の『DREAM.10』でビトー“シャオリン”ヒベイロとのグラップリング対決が期待されながらも、勝ちにこだわり終始ムエタイ殺法で試合をした上、試合後「ムエタイって面白いでしょ」と不満げだった観客を煽ってしまった青木。もうここまで来たら青木としては絶対に負けが許されない。ある意味、自分をそこまで追い込んで挑んだ一戦である。
 ところが、そんな試合に限ってアクシデントは起こるもので、テークダウンして上になった青木が立ち上がって猪木−アリになった瞬間、下から蹴り上げたハンセンの足が青木の股間を直撃! 思わず座り込んでしまった青木の顔面をハンセンがさらに蹴り上げる。慌てて試合がストップし、青木はドクターのチェックを受けた上でインターバルが取られる。
 青木が苦痛で顔を歪め、かなり長い時間のインターバルが取られる様子は、まるで『DREAM.1』の悪夢を再現するかのよう……。前回の試合で青木への不満を抱えたファンからはブーイングが野次も飛び始めたが、青木は回復するまで待って無事に試合は再開。
 終始、青木が上になりパスガードを狙うが、ハンセンも長い足を活かして防御するという展開が続いてが、ようやくマウントを取った青木はハンセンの首を抱え込みながらのボディシザースでじっと待つ。ハンセンが動いて脱出を試みた瞬間、腕十字を仕掛けていった青木だが、ハンセンもギリギリのところで堪えて必死で防御。ハンセンはやや強引に青木の脳天にヒザを落としていったのだが、そこで素早く体を返した青木が完璧な腕十字を極めていき、ハンセンはタップアウト!
 ついに悲願のベルトを腰に巻いた青木は思わず男泣き。そしてマイクを持つと、「スミマセン、つまらない試合で。勝ちたかったんです! ずっと突っ張ってたけど、このベルトが欲しかったんです。でも俺、もう決めました。闘うことでいろんな人たちを幸せにする仕事だから、もう絶対に泣かない! トップはUFCじゃない! DREAMだ!」と涙を拭って絶叫。するとエプロンに川尻が上がってきて「青木選手、戴冠おめでとう。大晦日、俺の挑戦受けてくれるよね?」と改めて王座挑戦を表明。しかし青木は「検討します」と言ってスカしてみせた。
 インタビュースペースでも青木は「(川尻の挑戦表明は)よく分かんない。何でいるんだろう?」と意に介さない様子。それというのも、とにかくベルトを獲るために、いままで突っ張って、突っ走ってきただけに、「疲れました。とにかく休みたい」を連呼。本人の中で、次なる目標はすでに決まっているようだが、それは川尻相手に防衛戦を行うことではなく、BJペン戦をはじめとする“vs.世界”とのこと。「日本人が強いだっていうのを証明したい」という青木は、「ベルト獲って『世界一になりましたね』と言われたが、これで世界一とも思わないし、そんな器量は小さくない」と言って一笑した。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif