プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2009年11月24日

井上が中邑を追い込むも、青義軍vs.CHAOSは2勝2敗!棚橋は前哨戦でTAJIRIに勝利!

Posted by TEAM-angle at 00:01 / Category: 【プ】新日本プロレス / 0 TrackBack

 23日、後楽園ホールで行われた新日本プロレス『NEW JAPAN ALIVE』。最終戦12・5愛知県体育館でのビッグマッチに向けた前哨戦がズラリと並んだ今大会。全試合の詳細と試合後のコメントはバトル・ニュースをご覧下さい。
 今大会の目玉は永田裕志率いる青義軍と中邑真輔率いるCHAOSのシングル4番勝負。まずはスーパー・ストロング・マシンが飯塚高史のアイアンフィンガー・フロムヘル攻撃を食らって反則勝ち(青義軍1勝)。続いて平澤光秀が矢野通に不甲斐なく完敗(CHAOS1勝1敗)。そして、井上亘vs.中邑真輔の一戦に。かつてIWGPジュニア王者として、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアでも優勝した井上は、ヘビー級でもあのときの熱狂を再現すると宣言。その井上のやる気に応えるかのように、防衛戦でもないのにIWGPヘビーのベルトを巻いて入場してきた中邑だが、気だるくやる気がないような態度を見せる。
 そんな中邑にタックルを仕掛けていった井上だが、中邑は余裕の表情で切ってみせる。その後も終始余裕の表情でニーリフトを乱打していった中邑。何度も悶絶した井上だが、中邑の飛び付き腕十字を潰して防ぐと逆に腕十字を決め、そこからトライアングル・ランサーに。これを逃れた中邑だが、井上は左腿か急所辺りを下から蹴り上げると、前から後ろから中邑の左ヒザに低空ドロップキック。さすがの中邑ももんどり打って倒れたが、それでもミドルキックを返す。
 だが、蹴り足をキャッチした井上はドラスクから足も固めていく変形トライアングル・ランサーを解禁! リング中央でガッチリ決まったが、中邑は必死に脱出。いつしか中邑から余裕が消え、タイトルマッチでもおかしくないような展開に。チャンスと見てジャーマンで投げていった井上だが、中邑も一瞬の隙を突いてスリーパー、フロントネックロックを決めていく。だが、井上はコーナーに押し込んでいくとそのまま後方に投げて突進。
 ここで中邑はカウンターのハイキックを叩き込むとリバースパワースラム。そして倒れた井上に藤田和之ばりのニースタンプを落として場内をどよめかせると、最後は一撃必殺のボマイェを叩き込んで勝利。ようやく青義軍入りしてから結果を出せそうで出せなかった井上は悔しさを爆発させたが、観客からは井上の健闘を称える拍手が送られた。インタビュースペースではこの日も井上は「潰せるものなら潰してみろ! そっから這い上がるのが井上亘だ!」と熱く絶叫。井上はこの一戦を機についに一皮剥けるか!?

 これでCHAOSの2勝1敗となり最後の永田裕志vs.石井智宏の対決に。戦前「負けたら青義軍に入ってやるよ」とうそぶいていた石井は12・5に中邑への王座挑戦が決まっている永田相手に、エルボーやチョップ、サッカーボールキックで互角に渡り合う。すると観客からは永田に対して「これじゃタイトルマッチ、ヤバイって!」という声が飛ぶ。その観客のほうを見て表情がスッと変わった永田は、石井に容赦ない蹴りを連打。
 倒れても「来い、来い」と挑発していく石井を容赦なく蹴っていった永田だが、蹴り足をキャッチした石井は意地のエルボーや滞空時間の長い雪崩式ブレーンバスター、ジャーマンで反撃。永田も蹴りで形勢逆転を狙うが、またも蹴り足をキャッチした石井は後頭部へのショートレンジラリアット。さらに正面から全体重を浴びせるラリアットを叩き込み、一気に垂直落下式ブレーンバスターを狙ったが、これをマジックスクリューで切り返した永田は、なおも突進してくる石井をフロントキックで迎撃。
 それでも石井は必死でラリアットを返すが、永田もすぐに立ち上がってハイキック。さらに串刺しニーで石井の腰を落とすと、ボマイェばりの強烈なニーを叩き込んでからバックドロップ。石井は朦朧としながらすぐに立ち上がってみせたが、永田はダメ押しのバックドロップ・ホールドで3カウントを奪った。
 今までの対決とはやや違った雰囲気になったが、試合後永田は「直球勝負の中に変化球。面白かったですね。中邑を意識したっていうよりも、自分の中の引き出しを確認した」と満足気に語り、石井の青義軍入りについては「今度(本人に)聞いてみます。リング上で。客の前で」と語った。また、CHAOSとのシングル4番勝負が2勝2敗に終わったことに関しては「明日が見えたよね。昨日だったら明日が見えない、空元気になるしかないなと思ってましたが、今日一日を完全燃焼できなかったら、明日に向けての活力が沸かないし、ファンの人もついてこない」と『スクール☆ウォーズ』ばりに熱く語った。

 メインでは12・5愛知大会で激突する棚橋弘至とTAJIRI、後藤洋央紀と田中将斗がタッグで激突。1人ずつ入場する中、TAJIRIはリングサイドの菅林社長を見てニヤリ。そして最後に棚橋が登場してコーナーに昇って、いつものように人差し指を突き上げてからマットに降りた瞬間、TAJIRI&田中が奇襲攻撃!
 いきなり激しい場外戦とエルボーを中心としたハードヒットな展開で後藤から先手を奪った田中。TAJIRIは追いかけてくる棚橋から客席を徘徊しながら逃亡してからリングに戻ると、改めて棚橋に「出てこい」と挑発。だが棚橋はフライング・フォアアームやサンセットフリップで先手を取ると、グリーンミストの構えをTAJIRIが見せた瞬間に素早く両腕でガード。
 思わず吹くのをストップしたTAJIRIに対し、低空ドロップキックを叩き込んだ棚橋は後藤にタッチ。だが、田中が入ってきて棚橋にジャンピングエルボーを叩き込むと、TAJIRIに捕まりバズソーキックを食らった後藤にスライディングD! 場外にエスケープした後藤だが、追いかけていったTAJIRIがエプロンまで上げると、田中が再びスライディングD。
 これで完全にやられてしまった後藤は、場外でノックアウト。その間リング上では棚橋がローンバトルを強いられる。それでも自力で何とかピンチを脱した棚橋が、這いつくばって自軍のコーナーに戻ってきた後藤にタッチすると、後藤は田中&TAJIRIにラリアットを乱打。田中も腕を伸ばしてラリアット相打ちに持ち込み、11・8両国大会を彷彿させるように投げ捨てジャーマンのやり合いを展開。
 そこにTAJIRIが入ってきたが、後藤はTAJIRIに牛殺しを決めて棚橋にタッチ。そのまま後藤が田中を場外に連れ出し、その間にハイフライフローでTAJIRIを寝かせた棚橋が必殺のハイフライフローを投下して3カウント! 前哨戦で完璧な勝利を奪いながらも、足早にリングを降りた棚橋だが、観客の「棚橋」コールに足を止めると、再びリングに戻り「いいか、俺もみんなもまだ2009年は終わってないんだからな。じゃあ行くぞ! 会場の皆さん、愛してま〜す!」と、いつもの決め台詞。
 ところが邪道&外道に肩を借りて引き揚げたと思われたTAJIRIが、本部席の菅林社長にグリーンミストを噴射! ある意味裏をかかれた棚橋は、緑に染まった社長の姿を見て頭を抱え、一緒に医務室まで行くと「いいか! 社長だけには手を出すな! 社長と俺の嫁さんには手を出すな! アイツらはワールドワイドタッグだろ? その割にやることのスケールが小さすぎるよ。今日TAJIRIから取ったけど、愛知まで毎日悶絶させてやるから!」と怒りを爆発させた。

 なお、12・22&23に後楽園ホールで開催される『SUPER J-CUP 5th STAGE』で行われる16選手参加の2DAYトーナメントの出場選手が発表された。主催団体である新日本の選手がさすがに多かったが、他団体からは大阪プロレスのタイガースマスク、FREEDOMSのGENTARO、みちのくプロレスのフジタ“Jr”ハヤト、DRAGON GATEのYAMATO、ノアの青木篤志、そしてDDTから男色ディーノの出場が発表されると、場内は大きくどよめいた。
 14名の名前は発表されたが、残り2枠は他団体から大物が出場するとのこと。大会プロデューサーであり、3度目の優勝を狙って自身も出場する獣神サンダー・ライガーは「(残り2枠の)名前を聞いたらビックリすると思います。これは本当にいいですよ! 本当はいまここで言いたいんですけど、いま交渉しているんでいまは言えません。でもこの2人が出ることでさらにグレードが上がる大会になります。必ず皆さんの期待に応えるような大会になると思いますし、僕自身もすごくワクワクしています」と語った。
 なお、インタビュースペースでは現IWGPジュニアヘビー級王座のタイガーマスクに関して、ライガーから「このトーナメントは一番強い奴を決めるんだけど、(現時点で)一番強い奴はやっぱりチャンピオンなので」という理由からJ-CUPに出場しないという説明がされた。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif