プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2009年12月15日

DREAMvs.SRC対抗戦カード発表会見の最中に藤田から入電!vs.アリスター電撃決定!

Posted by TEAM-angle at 16:11 / Category: 【格】Dynamite!! / 0 TrackBack

091215_Dynamite-1.jpg 15日、都内のホテルで大晦日に開催される『Dynamite!!〜勇気のチカラ 2009〜』(12月31日、さいたまスーパーアリーナ)の記者会見が行われた。電撃決定したDREAM×SRC(戦極)の対抗戦だが、この日発表された対戦カードなどはバトル・ニュースをご覧下さい。
 今回の対抗戦は急に決まった話ということもあって、マッチメークはかなり難航している様子。そんな状況の中、谷川貞治FEG代表がTwitter上でファンと“マッチメーク会議”を行っていることも話題になっているが、ようやく谷川代表が「非常にいいカードだと思う。どれも勝負論がある」と太鼓判を押す、対抗戦カード5試合が発表された。しかも会見を行っている最中に、谷川代表がTwitter上からも「連絡して!」とメッセージを送っていた選手本人から携帯電話に入電!
 「ロスにいると思うんだけど、最後はふて腐れたりで、なかなか連絡がつかなかった(苦笑)」と谷川代表をドギマギさせたのは藤田和之! 現在ロスのマルコ・ファス道場で練習中の藤田とようやく連絡が取れた谷川代表だが、藤田には予めジェロム・レ・バンナ、チェ・ホンマン、アリスター・オーフレイムを対戦相手候補としてオファーしていたという。その中から藤田が選んだのは「一番強いから」という理由で、DREAMで脅威的な強さを発揮している上、今年はK-1 WORLD GPでも準決勝まで勝ち進んだアリスター! 谷川代表が「発表していい?」と聞いたところ、藤田が「喜んで」と答えたため、急遽対抗戦の追加カードとして、DREAM代表のアリスターvs.SRC代表の藤田が発表された。
 これでこの日発表された対抗戦のカードは6試合。当初7試合程度になると思われた対抗戦は、最低でもあと1試合追加になるが、もしかしたら最大であと4試合追加され、計10試合まで増える可能性もあるという。

091215_Dynamite-2.jpg 戦極フェザー級のベルトを持参して会見に出席した金原正徳は、「対抗戦なので本当はチャンピオン同士やれれば一番いいと思うけど、チャンピオンよりチャンピオンらしいKID選手と闘えて嬉しく思います。でも僕がチャンピオンなので、挑戦するという立場じゃない」と山本“KID”徳郁戦への意気込みを語った。現DREAMフェザー級王者のビビアーノ・フェルナンデスとは、KIDも対戦を希望していたそうだが、ビビアーノがケガのため『Dynamite!!』欠場が決定。するとKIDは「みんなで一緒にやるなら、俺も対抗戦に出ます。(SRC側の)チャンピオンとやりたい」と申し出たという。
 そこで戦極フェザー級王者・金原との対戦が検討されたのだが、ネックだったのは体重。KIDは60kgしかないため65kgまで上げるのは無理とのことだったが、金原が「KIDさんとやれるなら死ぬ気で(体重を)下げます」と宣言したため、63kg契約で決定したという。金原の親友である所英男が散々アピールしてもなかなか実現しないKID戦だが、他団体の選手である金原とはアッサリ決まったというのも大晦日ならでは。
 このところ負けが込んでいる上に、プライベートでも離婚という辛い目に遭っているKIDだが、体調面は伊豆で合宿を行ったこともあって、とにかく調子がいいという(当初は海外で合宿すると言っていたが、なぜか伊豆に変更した模様)。記者から「プライベートで悲しいことがあった影響は?」と聞かれても、「うるせ!……なんてね(笑)。でもいい影響だよ。自分が悪かったってことに気付いて、また家族のところに戻りて〜っていうか、恋をした中学生みたい。だから(元妻や子供たちに)いいところを見せたい」と明るく答え、「3連敗はやはり回避したいですよね?」と聞かれると「当たり前じゃん! 1回も負けたくないっつーの。基本だろ!(笑)」と答えて会見場の笑いを誘った。
 所も「金原さんでも小見川選手でも誰でもいい」と言っていたそうだが、戦極フェザー級GPではベスト4で、現在フェザー級キング・オブ・パンクラシストのマルロン・サンドロに決定。谷川代表は「KIDくんや所くんが『対抗戦に出たい』って言ったのは、やっぱりDREAM愛があるんだって思いました。それはちょっと意外でした」と、KIDや所は対抗戦ではなくワンマッチを希望すると思っていた様子。会見では「DREAMとしては影形もないくらいまで(SRCを)叩きのめすつもりで対抗戦には臨みたい」とバリバリの戦闘モードで語っていた笹原圭一DREAMイベント・プロデューサーは「僕は意外じゃないです(笑)。やっぱり2年やってきて愛着も出てきたんですよ」とEPとしての自信を覗かせたが、谷川代表は「でも向こう(=SRC)は団結力があるんだよなぁ。合宿するとか言ってるし」と心配顔だった。

091215_Dynamite-3.jpg 前回の会見で「(SRCには)柔道のメダリストもたくさんいるようなので、階級関係なしにぜひやりたいです」とプロレスラーらしく、対抗戦に燃えていた柴田勝頼はその希望が叶って、アテネ五輪柔道90kg級銀メダリストの泉浩との対戦が決定! 両者の体重差は10kg程度あるが、規定体重なしの無差別級として行われるとのこと。泉と相対し、桜庭和志譲りの“猪木風ファイティングポーズ”で威嚇した柴田は、「いま非常にワクワクしています。泉選手のデビュー戦は会場で見させてもらいましたが、柔道のメダリストらしからぬ熱いフェイトで素晴らしかったと思います。非常に面白い試合が出来ると思います。ルールとか体重は泉選手のやりやすいように決めてもらえばいいので、より過激に出来ればいい」と、ルールだの体重だの細かいところはいいといった感じ。
 対する泉も「柔道から総合格闘技に転向しましたが、柔道ってものを代表して闘いたいとも思うし、自分のプライドを試合で見せたい」と意気込みを語ったあと、柴田の印象を聞かれて「柴田選手はプロレスラーのイメージが強い。この選手となら殴り合って盛り上げられると思う」と、デビュー戦後は「こういう殴り合いは1回だけで十分」と苦笑いし、次回からは寝技も積極的に使っていくと言っていたが、相手が柴田ということもあってかまたも殴り合いを挑むことを示唆した。
 対抗戦ムードに盛り上がっているのは選手だけでない! 前記した笹原EPのコメントのほかにも、会見に出席したワールドビクトリーロードの稲村角雄営業統括本部長からは、「(対抗戦は)あと何カードが残っていると思うが、我々からは三崎(和雄)、横田(一則)、廣田(瑞人)という戦極を代表する選手が待ち構えているので、早くカードを発表してほしい! 私と谷川さんが闘わないようにお願いしたい」と思わぬ牽制球が飛んできた!
 これには谷川代表も「桜庭(和志)選手、田村(潔司)選手、青木(真也)選手、川尻(達也)選手、ガイジンでもメルヴィン(マヌーフ)と、いい選手がいっぱいいますので、稲村さんに怒られないように早く発表したいです」と苦笑い。
 谷川代表は囲み取材の最後に「メルヴィンの相手は三崎とか、中村カズとかあの辺の階級になると思うが、(対抗戦の)数が限られているからねぇ。あと(ジョルジ)サンチアゴとかガイジン同士でも面白いと思う。日本の格闘技界草結集という感じで、出ていないのは秋山(成勲)くんだけって感じで(笑)。とにかくいまバリバリの人たちを集めて、試合内容で魅せてくれればなと思います」と語った。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif