プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2009年12月30日

引退試合直前の魔裟斗は万全の仕上がり!会見を欠席した石井に谷川代表が苦言

Posted by TEAM-angle at 19:48 / Category: 【格】Dynamite!! / 0 TrackBack

091230_Dynamite-1.jpg 30日、JR新宿駅前の新宿ステーションスクエアで大晦日に開催される『Dynamite!!〜勇気のチカラ 2009〜』(12月31日、さいたまスーパーアリーナ)の公開直前会見が行われた。いよいよ翌日に迫った大晦日決戦だが、新宿駅前はひと足早く大盛り上がり! 年末の寒空の下にも関わらず、およそ8000人を超す人々が足を止めて、選手たちを見守った。
 FEGの谷川貞治代表が「例年大晦日は苦労しているんですが、今年は本当に苦労しました。その分、戦極の皆さんとこうして一緒にやれて明日は盛り上がると思います。去年は『ガキ使』に負けちゃいましたけど、4チャンネルは録画してTBSを見て下さい。全試合放送する勢いでやります!」と意気込みを語ると、DREAMの笹原圭一イベント・プロデューサーと、SRC(戦極)を主催するワールドビクトリーロードの菅原邦夫代表は、お互いに「対抗戦は全勝でいく!」と対抗戦に向け、選手以上に自信満々。
 まずはK-1甲子園に出場する6選手(リザーブ戦を含む)が登場したのだが、中でも飛ばしたのがリザーブファイトに出場する藤鬥嘩裟。「魔裟斗さんの時代が終わったら、俺の時代が来ると思っている藤鬥嘩裟です。魔裟斗さんみたいにバリバリ打ち合っていきたいと思うんですけど、日下部(竜也)君、打ち合ってくれる、俺と? 悪いけど前回みたいにウサギみたいにぴょんぴょん跳び回ってても俺には勝てねぇよ!」と挑発的な言葉を吐いて会場を沸かせた。

091230_Dynamite-2.jpg 続いてDREAM×SRC対抗戦とスーパーファイトに出場する選手たちが試合順に次々と登場。対抗戦第1Rで泉浩と対戦する柴田勝頼は「泉選手の実家がマグロの漁師ということなので、明日はマグロを解体したいと思います。マグロ、ご期待ください!」と渡哲也ばりに言ってみせれば、桜井“マッハ”速人と同期対決を行う郷野聡寛は「昨日は格闘技の練習を1時間、入場の衣装と振りの合わせを2時間やりました。その甲斐あって紅白級と言っても過言ではないレベルに仕上がりました。思えばPRIDE時代は俺の登場と共に地上波がなくなり、UFCと契約した際はテレビ中継が中断と、トコトンテレビに縁がなかった自分ですが、明日はいよいよ日の目を見るのか、それとも三度テレビの厚い壁に跳ね返されるのか楽しみにしたい」と言って会場を沸かせた。
 対戦相手の石井慧は予告通り会見を欠席したが、吉田秀彦は「久しぶりにこういう昔のPRIDEを思わせるような記者会見に出られて、非常に懐かしい気分が味わえてよかった。石井戦が決まってから自分の心に期するものがあったが、ぜひいい試合がしたい」と、これまでの会見とは違い穏やかな表情で語った。そして急遽アリスター・オーフレイムとの対戦を了承した藤田和之も「このクソ寒い中、本当によく来てくれました。PRIDEがなくなっても格闘技の熱がこんなにあるなんて、本当にビックリしています。明日はそこにいるモンスターと闘うけど、自分の闘魂を見せます」と吉田同様、久しぶりの公開会見でPRIDE時代を思い出したようだ。
 対戦相手の廣田瑞人は会見を欠席したが、青木真也が「ここに来ると2年前の『やれんのか!』を思い出してしまうのは僕だけではないと思う。あれからDREAMが始まって、間違いなく僕がDREAMを引っ張ってきたし、日本の総合格闘技を引っ張ってきたと思います。明日はその差をハッキリ見せたい」と語ると、DREAMファンから歓声が飛んだ。また、川尻達也はこの日も対戦相手の横田一則と並んでの記念撮影を拒否。さらに金原正徳と対戦する山本“KID”徳郁、高谷裕之と対戦する小見川道大も会見を欠席したため、集まったファンからは落胆の溜息が漏れた。
 メインで魔裟斗の最後の相手を務めるアンディ・サワーは「K-1 MAXの象徴的選手の引退試合の相手が務めることができてエキサイトしているよ。ただ妻も息子も、ほかの家族やチームも一緒に来ているのでとても心強い」と“アウェー”なのは十分分かっている様子。一方、契約体重の70kgジャストで計量をパスし、谷川代表曰く「いつになく強い感じがした。本当に辞めるの?って感じ(笑)。調子良すぎるくらいで、もの凄いオーラが出ていて、プロ中のプロって感じ」という魔裟斗は「明日の最後の試合は悔いの残らないように、最高の試合をして……たぶんすごく熱い打ち合いになると思うんで、KOで決着をつけて、これからの自分の人生にとって大きな土台にしたいと思います」と神妙な面持ちで語った。

091230_Dynamite-3.jpg 会見終了後、囲み取材に応じた谷川代表は、SRCの廣田と小見川は減量で若干苦しんだため、大事を取って会見を欠席したことを伝えたのち、「石井選手は来るように言ったんですけどね(苦笑)。KID選手もですけど、会見に出ないのはよくないですね。計量のときに見た石井選手はすごくリラックスしてましたけどね。チャンスだと思うし、もっと露出したほうがいいと思う。勿体ない! プロなんだし公式行事には出ないといけない」と石井については苦言を呈した。
 なお、吉田vs.石井が全18試合中第13試合になった理由は、紅白歌合戦の時間帯などを考慮して試合順を決めたからだと説明された。メイン終了後には会場中が一体になるような、過去最大級の豪華な魔裟斗引退セレモニーが行われるとのことだが、噂されていた小比類巻太信が歌を歌うってことに関して、谷川代表は「最大なサプライズだったんですけど(笑)、たぶん止められたと思うんですよ。たぶんリハーサルでNGだと思うんですよね。本人は魔裟斗引退に華を添えるつもりなんだろうけど、結果的には水をぶっかけるようなことに(笑)。不安要素の1つですね」とバッサリ!
 また、午前11時からたまアリの目の前にあるけやき広場で様々なイベントが開催されるようだが、何とTwitterの中で「パンが食べたい」とつぶやいていた谷川代表が「絶品!」と絶賛する“Dynamite!!カツサンド”も発売されるという。そんな谷川代表だが、最後に明日引退する魔裟斗について「これだけ大所帯で、いろいろな選手がいる中で、やっぱりナンバー1でお手本になる選手。体重のことや公式行事、ルールミーティングとかも『嫌だ』とも何も言わず(出てくれる)。今回、魔裟斗選手の引退だから魔裟斗選手のプロモーションが多いのではなく、(魔裟斗が)協力してくれるからなんですよ。もっと石井選手と吉田選手も(プロモーションを)やりたかったんですけどね。やっぱりプロはプロモーションや練習を含めてのファイトマネー。だから必然的に魔裟斗選手(に協力を求めることが)多くなっちゃいますよね」と最大級の賛辞を送った。

<対戦カード・試合順>
▼オープニングファイト/K-1甲子園リザーブファイト/K-1甲子園ルール 3分3R
藤鬥嘩裟 × 日下部竜也

▼第1試合/K-1甲子園準決勝戦/K-1甲子園ルール 2分3R
HIROYA × 野杁正明

▼第2試合/K-1甲子園準決勝戦/K-1甲子園ルール 2分3R
嶋田翔太 × 石田勝希

▼第3試合/スーパーハルクトーナメント決勝戦/5分3R
ミノワマン × ソクジュ

▼第4試合/K-1ヘビー級ワンマッチ/3分3R延長1R
西島洋介 × レイ・セフォー

▼第5試合/K-1甲子園決勝戦/K-1甲子園ルール 2分3R延長1R
HIROYA×野杁の勝者 × 嶋田×石田の勝者

▼第6試合/DREAM×SRC対抗戦/対抗戦ルール 5分3R
柴田勝頼 × 泉浩

▼第7試合/DREAMvsSRC対抗戦/対抗戦ルール 5分3R
高谷裕之 × 小見川道大

▼第8試合/DREAM×SRC対抗戦/対抗戦ルール 5分3R
桜井“マッハ”速人 × 郷野聡寛

▼第9試合/DREAM×SRC対抗戦/対抗戦ルール 5分3R
メルヴィン・マヌーフ × 三崎和雄

▼第10試合/DREAMvsSRC対抗戦/対抗戦ルール 5分3R
所英男 × キム・ジョンマン

▼第11試合/DREAM×SRC対抗戦/対抗戦ルール 5分3R
川尻達也 × 横田一則

▼第12試合/DREAM×SRC対抗戦/対抗戦ルール 5分3R
山本“KID”徳郁 × 金原正徳

▼第13試合/雷電杯/5分3R
吉田秀彦 × 石井慧

▼第14試合/DREAM×SRC対抗戦/対抗戦ルール 5分3R
アリスター・オーフレイム × 藤田和之

▼第15試合/DREAM×SRC対抗戦/対抗戦ルール 5分3R
青木真也 × 廣田瑞人

▼第16試合/DREAMヘビー級ワンマッチ/5分3R
ゲガール・ムサシ × ゲーリー・グッドリッジ

▼第17試合/魔裟斗引退試合/K-1ルール 3分5R延長1R
魔裟斗 × アンディ・サワー

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif